ギター初心者、ギター練習前にやること(ギター用の手を作ること)

公開日 2021年2月7日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞です!

ギターを始めるにあたって、ギターやアンプなどその他一式買って、

ギターとアンプをシールドで繋いでアンプの電源をオンにしますね。

電源オンしたら音は出ます。

ここであなたは何をしますか?

教則本や順序立ったYouTube動画の通りやるのであれば、それはそれで良いでのですが、

何か忘れてませんか?

特に教則本を順繰りページをめくる人は気づいてくれると思います。

買って自宅に持って帰ったギターは音が狂ってます。

なので、チューニングをしなければいけません。

これで今日のタイトルの答えが出てしまいました!

しかし、それだけではありません。

ギターを初めて弾くのに、あなたの指は動きますか?

ここで動けると答えたならば、それは日常生活の上で動かす指のことです。

それでギターを弾けるはずはありません。

なので、ギターを弾く前にスポーツと同様指の運動もしないといけません。

今日は、ギターを弾く前にやることについて深掘りします。


ギター初心者、ギター練習前にやること(ギター用の手を作ること)

  • チューニング
  • 指のストレッチ
  • 開放弦のピッキング(最初の2週間のみ)
  • 人差し指と薬指のピッキング(最初の2週間のみ)
  • 最初の1週間はウォーミングアップだけで良い

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

チューニング

ギターを弾く前に一番最初に必ず行います。

めんどくさいという人もいますが、チューニングをしないとある悲劇を生みます。

音が狂ったまま弾いてしまうと、正しい音というのがわからないままになります。

例えばコード弾いた時に不協和音になって、それすらも気づかないままになることもあり得ます。

その不協和音がギターの音だと・・・

流石にそこまで極端の人はいないとは思いますが、

音が狂ってると正直気持ち悪いです。

チューニングが悪いままバンドや弾き語りで人前でステージに立つと、恥をかいてしまいます。

なので、正しい音を身につけるためにもギターを弾く前にチューニングします。

チューニングはチューナーでもスマホアプリのチューナーでも良いので、6弦から1弦まで一つずつメーターの真ん中に来るように調整しましょう。

スマホアプリを使いたい方はBOSSの「tuner」がおすすめです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.roland.bosstuner&hl=ja&gl=US

無料だし、この形はBOSSの実機のTUー3でギター経験者であれば喜んで使う人もいます。

チューナーに関しては後日、別記事にて深掘りします。

 

 

指のストレッチ

指のストレッチというと何をやるか疑問を持つ人がいると思います。

なぜストレッチをやるかというと指を柔らかくするためです。

例えばスポーツを思い浮かべてください。

体を動かす時にいきなりハードな動きはしないですよね?

ランニングやストレッチや準備体操など、いわばウォーミングアップですね。

ギターも同じで、いきなりガッツリ弾くよりも準備運動をした方がパフォーマンスが良くなります。

ただギターの場合はランニングに相当するメニューはあるにはありますが、初心者の方にはしんどいので今回は割愛します。

この記事では、ストレッチと準備体操にあたる部分についてメニューを紹介します。

指のストレッチは以下の写真のようにやります。

すごく無骨な手ですが、私TAKA∞の手です💦

押さえ方としては、全ての指を6弦に乗せます。

・人差し指 →  1フレット

・中指 →  3フレット

・薬指 →  4フレット

・小指 →  5フレット

理想は全て上記のフレットバーに乗せたいところですが、最初はキツイので中指と薬指はフレットバーの手前で良いです。

この通りでなくとも各指が今現在一番広げれるところまでで結構ですので、ギター弾く前に必ずやりましょう。

これをどれくらいやるかというと、

まずは無理しないように10秒3セットで良いです。

慣れたら時間も増やしたり、セット数も多くしていきましょう。

これをやると後々ストレッチをやっていない人との差は開きます!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

開放弦のピッキング(最初の2週間のみ)

ストレッチの他にピッキングする手の準備運動です。

最初の2週間くらいで良いので、

まずは6弦の開放弦を以下の動画のようにピッキングします。

とりあえずまずは、ピッキング8回5セットで良いです。

慣れたら以下のように6〜1弦と続けて弾いてみましょう。

とりあえず2週はできるようにしましょう。

これは慣れた方が良く、

理由は、コードを習得する時に1音ずつ確認する必要があるので、

その時にこのような感じで弾いて確認します。

最初の2週間はウォーミングアップの一貫でやりましょう。

 

 

人差し指と薬指のピッキング(最初の2週間のみ)

えっ!まだあるの!?

と思う方は、開放弦までで止めてて大丈夫です。

そんな1日でたくさんやるのも疲れるので、

やれる人は今日もう少し続けて、キツイと感じる人は明日やりましょう。

これは弦を押さえる指の準備体操みたいなものです。

ここでやることは以下の動画をみてください。

5フレットを人差し指で固定して薬指で7フレットを押さえてピッキングします。

これを8回5セットで良いのでやりましょう。

これも上と同様に慣れたら6〜1弦と続けて弾いてみましょう。

左手も使うのでまずは1週できるようにしましょう。

慣れたら音階がおかしいと思うかもしれませんが、この段階では無視してOK!

また、薬指だけでなく中指(6フレット)や小指(8フレット)にも挑戦してみましょう。(慣れたらで良いです。)

ここで気をつけたいのは、

ゆっくり弾くことと、ピッキングと弦を押さえるタイミングを意識してください。

ピッキングと弦を押さえるタイミング同時です。

早くてもダメ、遅くてもダメ。

ジャストタイミングになるように最初はゆっくりで良いので合わせるようしましょう。

この場合、自分で弾いた音をスマホのボイスメモアプリなどで録って確認する方がわかりやすいです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

最初の1週間はウォーミングアップだけで良い

極論、最初の1週間くらいはストレッチとピッキングと弦を押さえるトレーニングだけで良いです。

この一連のトレーニングの狙いとしては冒頭にも描きましたが、ギター用の手を作ることにあります。

ギターを弾く動作は日常生活では使わないので、両方の手をギター用に仕立てます。

そのためこういったトレーニングが必要になります。

このようなトレーニングをメカニカルトレーニングと言い、ギター中級者以上も練習前に必ずやります。

今回のトレーニングはストレッチ以外は初心者向けで、ここから先にやるトレーニングもありますので、この点については今後記事に描きます。

まずは、ギター用の手を作っていきましょう。

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です