XJAPAN 、インディーズ時代アルバム「VANISHING VISION」レビュー(感想)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

XJAPANのメンバーの年齢はもう50代中盤になってしまいました。

時が流れれば年齢も重ねますが・・・

あの奇抜な格好していた80年代後半から90年代前半の若者が、

50代中盤になるなんて誰が想像しただろうか・・・

ただこれだけキャリアが長いと、

音楽的には巨匠あるいは伝説という存在と化してます。

そうなってくると、

XJAPANが憧れていたKISSなどと同じような存在に。

今では老若男女リスナーが存在するXJAPANの貴重な、

インディーズ時代のアルバム「VANISHING VISION」レビューします!

 

 

XJAPAN 、インディーズ時代アルバム「VANISHING VISION」レビュー(感想)

【中古】 VANISHING VISION/CD/EXC-001 / X, X JAPAN, YOSHIKI, TOSHI / エクスタシー [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:1,382円
(2021/10/11 04:28時点)
感想(0件)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

DEAR LOSER

Taiji作曲のオープニングインストです。

美しいがどこかダークなアルペジオから入り、

だんだんカッコイイバンドサウンドになっていき、

激しいドラムに、

どこからか迫ってくるギターで展開し、

それをベースが支える。

当時インディーズ最高峰のアルバムの幕開けです。

 

 

VANISHING LOVE 

映像は一際奇抜で荒々しいXの姿です。

このメタルサウンドといい、リフといい、

文句のつけようがありません。

今初めて聴く人は目新しさを感じることはほぼないですが、

この曲が初めて世に出た1988年当時では、

斬新すぎるサウンドで、

日本のロックシーンの全てを塗り替える

一つの革命です。

XJAPAN好きな人のなかで、

この曲を挙げる人も多いです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

PHANTOM OF GUILT 

Toshi作詞でTaiji作曲の楽曲です。

この組み合わせの制作楽曲はこの後に数曲もあり、

中には名作もあります。

AメロのギターのアルペジオはXらしいコーラスエフェクトを効かせたサウンドは、

まさに特徴と言ってもいいだろう!

どこかミステリアス感が漂う曲です。

 

 

SADISTIC DESIRE

おそらくXの1stと2ndから入った人はもうご存知の曲ですね。

実はインディーズ時代から演奏してた曲で、

元々HIDEがやってたバンド「横須賀サーベルタイガー」の時にギターのリフがありました。

HIDEがXに加入してアレンジして、

YOSHIKIが歌詞をつけてこのような曲へと進化しました。

XJAPANになってからも1995年まで演奏されていたので、

90年代のライブではレギュラー的な曲です。

あまり時代を感じることもないので、

今のXJAPANでどんな演奏するのか見てみたいですね。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

GIVE ME THE PLEASURE

XJAPANのアルバムで特徴なのが、

曲間に流れを一旦変えるような、

インスト的な曲がアルバムに織り交ぜられます。

ある意味実験要素が強いですが、

当時のXの音楽へ向かう意識が見れるような気がします。

 

 

I’LL KILL YOU

X JAPANの中で最も歴史の長い楽曲です。

結成当初の高校時代からあった曲だとか・・・

もうスラッシュメタルというかパンクというか、

この辺のジャンル好きな人にはとても聴き応えあるし、

短い時間でも楽しめるのではないかと思います。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ALIVE

XJAPANといえばバラードも特徴の一つです!

インディーズ時代のXの大作バラードです。

大ヒット曲の「Forever Love」や「Endless Rain」と比べると、

荒々しく攻撃的でな感じですが、

これはロックバラードですね。

後のバラードのベストアルバム「BALLAD COLLECTION」にも収録されてます。

 

 

KURENAI

紅だ!

アルバムでの歌詞は全て英語です。

あまり語らなくてもみんな知ってますね。

では荒々しい1988年のXの紅をご覧ください!

 

 

UN-FINISHED…

まだまだXは未完成・・・

途中で途切れて終わる部分がそれを物語ます。

しかし、XJAPANは今でもまだ完成されてないのでは・・・

 

 


XJAPAN 、インディーズ時代アルバム「VANISHING VISION」レビューでした。

今でもYouTube通して、

この時代のXの映像を観ている人も数多くいるので、

部分的にこの曲知っているというものもあると思います。

ただこのアルバム「VANISHING VISION」として通して聴くと、

しっかり曲順や流れも計算された上で選曲されているし、

CDプレイヤーで再生すると、

私TAKA∞は止めることなく最後まで聴くことが何度もありました。

是非アルバムのオープニングから全て曲順に聴いてみてほしいです。

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です