Official 髭男 dism アルバム「Traveler」全曲レビュー(感想)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

音楽界でバンドが厳しいと言われている中、

ここ数年で着実に地位をものにした、

Official 髭男 dism!

見た目は「髭」ではない・・・(髭は同時期のKing Gnu・・)

バンド名と見た目のギャップがなかなか面白いというのは、

世間一般誰でも思っていることでしょう。

そうじゃなくて、

やはり音楽を聴いて思って思っていることを言いたいですね!

今日は、

Official 髭男 dism アルバム「Traveler」全曲レビューです。

 

<Official 髭男 dism>

https://higedan.com

https://ja.wikipedia.org/wiki/Official髭男dism

 

 

Official 髭男 dism アルバム「Traveler」全曲レビュー(感想)

Official髭男dism(ヒゲダン)/Traveler (通常盤) (CD) 2019/10/9発売 PCCA-4822

価格:3,080円
(2021/11/7 10:03時点)
感想(0件)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

イエスタデイ

言うまでもなく髭男の代表曲です。

アルバム1曲目でリスナーの心も全て掴み込むような、

アップチューンの楽曲です。

何と言ってもサビの歌の音の高さは、

美しくも勢いがありし、

もう豪速球のように駆け抜けるメロディーは聴いてて、

バイバイイエスタデー、

そして未来へ向かうパワーを感じます。

 

 

宿命

3rdシングルの楽曲です。

イントロを聴くと踊りたくなるような、

まさにポップス色が強い曲です。

使っているコードからもディミニッシュや-5など、

ロックバンドではあまり使わない特殊な展開で、

新しい風を吹かせてます。

ただやはりROCKを感じます!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Amazing

ザクザクゴリゴリギターが光るナンバー!

ギター弾きにとってこういうリフ好きという人も多いし、

楽曲の展開として、

2番目のAメロでベースがリフを先導していくのも、

聴いてて面白いし、

よりベースのカッコ良さが際立ち、

さらに楽曲全体でもヴァリエーションの豊富さも感じます。

 

 

Rowan

最初のイントロで一瞬演歌なのか・・・

思ったのはおそらく私TAKA∞だけであろう笑

全く演歌ではなく、

スローテンポで割とギターが先導していくような、

つまりブルースのようなブルースでない、

いやAOR調か・・・

もうジャンル分けはやめようと言いたい、

まさに髭男がジャンルで良いね汗

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

バッドフォーミー

何だか個人的な意見ですた、

Mr.Childrenを彷彿させる曲の出だし、

ただサビはノリノリなアップテンポな感じで、

髭男の個性が光ります。

ポップ色強いけど、

やはりROCK・・・

 

 

最後の恋煩い

割とアップテンポだけど、

ちょっとR&Bを彷彿させる

バンドでこういう曲を演奏するのは、

世界中探したらいるだろうけど、

髭男が演奏すると、

美しさと良い意味での汚さが程よく融合して、

言葉では決して上手く言えなく、

音楽としてこんな素晴らしい形で完成させてます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ビンテージ

この曲のPVがあるのはメチャクチャ嬉しい!

あることにも驚き!!

このイントロがなんか懐かしさを感じて、

どこかで聴いたことあるけど、

おそらく知っているのだけど、

髭男に上書きされて、

私TAKA∞の頭がリロード不能になってます笑

落ち着いた雰囲気でとても大人な雰囲気の曲で、

優しさが溢れてきます。

髭男の音楽性の広さを感じます。

 

 

Stand By You

思いっきりバンドサウンドのバンドをやっていると、

こういう鍵盤が入った曲に憧れを感じます。

まさにこの曲がそうです!

ギターだけではこの雰囲気を出すのは、

できないことはないけれど、

なんかニュアンスも違ってくるのだろうと思いました。

 

 

FIRE GROUND

おそらく私TAKA∞を知っている周囲の人に、

この曲のレビューをさせてもらえないだろう・・・

このギターリフが好きすぎて、

ギターのことしか描かないから、

偏ったレビュになります。

ギター弾きなら偏りますよ!

この曲メチャクチャカッコ良すぎるし、

そのカッコ良さを醸し出しているのはギターで、

髭男のギター小笹大輔氏ですから!

カッコ良いのは当たり前です!

言葉よりも上のYouTube再生して聴いてください!

 

 

道は道連れ

何だかジャムセッションをやっているような、

そんな光景が浮かびます。

これメインで歌っているのは藤原聡氏ではない・・・

歌が柔らかく聴きやすいです。

他のメンバーも歌えるのは、

楽曲のタイプによって最大限というものを活かせれるので、

バンドとして引き出しはたくさんありますね。

 

 

052519〜Pretender

もうこの曲はレビューしなくても良いですね汗

みんなの方が知ってますからね。

初めての人も何度も聴いている人も聴きましょう!

 

 

 

ラストソング

アルバムもラスト2曲で「ラストソング」。

ここが佳境なのか・・・

歌もののJ-Popの色が強いので、

聴きやすさを求めるなら、

この曲が持ってこいです。

 

 

Travelers

アルバムの最後を締め括ります。

これが前曲の「ラストソング」で終わるのと、

この曲で終わるのは、

おそらくアルバム全体の印象が変わるだろう!

前者は曲だけを集めた、あるいはベストアルバム要素が強くなり、

後者だとストーリー的な一つの作品となるだろう。

このアルバムは「Traveler」という音楽で展開するストーリーであることを証明してることと、

私TAKA∞は勝手にそういうふうに思ってます。

 

 


以上、Official 髭男 dism アルバム「Traveler」全曲レビューでした。

やはり一つのアーティストのアルバムを聴かないと、

その真価というものはわからないですね。

この髭男もシングル曲だけを聴くと、

POPSのバンドと捉えがちになってしまいますが、

前回のKing Gnuの「CELEMONY」と同様に、

色んな面がたくさん見えてきました。

色んな要素を自分たちの色にして、

その中でも髭男の持っている個性をも混ぜながら、

素晴らしい音楽ができていく、

楽器が上手いの当たり前と言えばそうですが、

決して、それだけでなく

創作スピリットを感じることができる作品です。

まだまだ髭男の進化は目が離せないので、

自作の「Editorial」も今後レビューします!

 

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です