バンド、アコースティックスタイルの演奏はできた方が幅が広がる(注意点もある)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日このようなツイートをしました。

バンドやってて、

たまにアコースティックスタイルで演奏するときはありますよね。

経験がなくても、

アコースティックでやってみたい、

またはそういう場面でのステージに出演チャンスがあるとか、

さらにオリジナル曲で違うアプローチで演奏してみたい時には、

アコースティックスタイルが真っ先に思い浮かびます。

このスタイルは色んなところで場所を選ばずにできるので、

やってて損しないは間違い無いです。

今日はバンドでのアコースティックスタイルについて深掘りしていきます。

 

 

バンド、アコースティックスタイルの演奏はできた方が幅が広がる(注意点もある)

  • 全てのパート生音の楽器で演奏

  • もう一つバンドをやっているような感覚

  • 音楽性を広げアレンジ力アップ

  • 場所を選ばずできる

  • 注意点

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

全てのパート生音の楽器で演奏

アコースティックスタイルで演奏するなら、

特にギターとベースはアコースティックなのは当たり前ですね。

 

 

ギター

当然のごとくアコースティックギター一択ですが、

PA環境あるところでライブをやることを見越した場合に、

エレキアコースティック(エレアコ)という選択肢もあります。

確かに通常のアコースティックギターにピックアップを取り付ければ、

それに越したことはありませんが、

それだと自分でピックアップを選ばなければいけなく、

取り付けも自分でやったりと手間がかかります。

その手間を省くためにもエレアコの選択肢もあります。

エレアコもアコギの弦と全く同じなので、

電気を通さず弾いても音量は変わりません。

ただエレアコでPA環境のあるステージで音をスピーカーで出した時に、

鳴らした生の音もかなり聴こえるので、

トラブルでスピーカーの音が鳴らなくなっても聴こえないこともあります。

Morris M-011 NAT モーリス ドレッドノートサイズ アコースティックギター ナチュラル アコギ 初心者【新品】【送料無料】【楽天ランキング1位】

価格:26,180円
(2021/7/27 04:49時点)
感想(0件)

Takamine PTU121C FCB タカミネ アコースティックギター エレアコ フェイデッドチェリーバースト【新品】【送料無料】

価格:84,480円
(2021/7/27 04:49時点)
感想(0件)

 

 

ベース

PA環境のあるところでは普段のエレキベースでも良いでしょう。

だけど「アコースティック」なら、

空洞があるベースが欲しいところですね。

楽器屋では取り扱ってないところが多いですが、

インターネットでは色んなサイトで充分にあるので、

見つけてみてはどうでしょうか!

Fender CB-60SCE NAT《アコースティックベース》【送料無料】【ONLINE STORE】

価格:39,800円
(2021/7/27 04:48時点)
感想(0件)

 

 

ドラム

せっかくアコースティックスタイルでやるなら、

ドラムセットを使ってやるのは普段と変わらないので、

それだとアコースティックでやる意味が全くなくなってしまいます。

その時にアレンジを変えて演奏するなら問題ないです。

もし、雰囲気を変えてやるなら、

カホンやボンゴ、簡素にタンバリンなど、

手軽に持ち運んでできるタイプの楽器も良いです!

 

 

もう一つバンドをやっているような感覚

バンドで普段やってるオリジナル曲やカバー曲を、

全てアコースティックスタイルでアレンジも変えて、

演奏すると、

別のもう一つバンドやっている感覚になります。

アコースティックはロックみたいに激しさや荒々しさとは違い、

癒し、心地よさを求め、それを伝えていく感じになるので、

全くアプローチが異なります。

 

ロックバンドスタイルとアコースティックスタイルとでは、

目指す方向が全く異なるところにあるので、

結果的に2つのバンドをやっているイメージです。

 

2つ同時進行にやっていると、

新たな発見をして、両者のスタイルにプラスになることで、

新しい曲へのアイディアになるかもしれません!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

音楽性を広げアレンジ力アップ

上と少々重複しますが、

アコースティックスタイルとなると、

今までやってた曲をアコギに置き換えるだけというアプローチが一般的ですが、

別ジャンルへのアプローチ方法もあります。

例えば、このゴリゴリのロックな曲をボサノヴォ風にしたり、

荒々しい曲をカントリー風にしたり、

アップテンポなロックナンバーをジャズ風にしたり、

突き詰めていくと、他ジャンルの発想も生まれ、

音楽性も広がっていきます。

下に例を示しますが、

ACIDMANというバンドは3ピースで主にオルタナティブロックですが、

名曲「赤橙」はBPMは落ち着いてますが、かなりのロックサウンドです。

アコースティックではボサノヴァ風にアレンジして、

原曲の雰囲気を一気に変わってます。

参考のために動画アップしておきます。

 

 

場所を選ばずできる

PA環境がなくても

人とアコースティック楽器があれば、

いつでもどこでもすぐにライブができます。

音楽なんていつどこで、どういう風な形でライブオファーが来るか、

時には予想もつかないこともあります。

バンドマンがライブをできることは一つのチャンスでもあるので、

少しでも可能性を高めたいのであれば、

アコースティックスタイルでの演奏はバンドとして、

できた方がバンドとしてフットワークや瞬発力は高まりますよ!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

注意点

アコースティックスタイルは、いつでもどこでもできる

手軽なスタイルと思われることもあります。

それに関しては間違いではありません。

路上でも人とアコギあればそれでライブとして成立しますから

手軽にできるってことは合ってます。

それが、知識のないイベンターが変に便乗して、

PA使わなきゃいけないキャパでイベントやるときに、

完全生音でのライブを強いることがあります。

そうなったらそのイベンターからは逃げた方が良いとツイートしましたが、

イベンターとの人間関係もあるので、

そうなったらイベンターに相談して、

出演者でPA機器等手配しましょう。

音楽スタジオでPA機器貸し出しやっているところも多数あります。

 

 


以上、バンドでアコースティックスタイルの演奏についてでした。

元々の音楽のスタイルはアコースティックですよね。

楽器に電気を通してスピーカーで音を出すなんて現代的です。

アコースティック楽器から出てくる音は、

限りなく生の音で、一切ごまかしがないです。

その人が表現したいものがそのままモロに出てしまいます。

つまり素材の良し悪しというものが出るということです。

真剣に音楽に取り組む姿勢も見透かされたように出てきますので、

普段どれだけ毎日練習しているか、

アコースティックスタイルは全てについて音楽として問われてきます。

これを聞くと尻込みしたくもなりますが、

しっかり練習して楽しいと思えるようにしたいですよね。

まずはギター弾きましょう!

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です