ギター、激安カポタストの罠〜妥協せずに良いものの購入のすすめ

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日このような記事を書きました。

ギター、カポタストの種類と選び方(おすすめカポも紹介)

http://taka-music.com/ギター、カポタストの種類と選び方(おすすめカ/

上の記事では、

主にカポタストの種類と選び方にスポットを当てて書きました。

しかし、その種類の中に、

カポタストの相場よりも破格に安いものが世の中に出回っています。

安いから良いや〜と思って買ったら・・・

あれ!?なんてことがあります。

今日は激安カポタストの特徴から妥協してはいけないことについてお話しします。

 

 

ギター、激安カポタストの罠〜妥協せずに良いものの購入のすすめ

  • 形状が真っ直ぐで全弦が押さえきれない
  • バネがやたら硬い
  • ライブやる人はケチってはダメ!
  • 手っ取り早いのはKYSERカポ!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

激安カポタストの形状が真っ直ぐで全弦が押さえきれない

カポタストというのは、

基本的というか当たり前に

ギターの1弦から6弦までしっかりと押さえるものです!

下の写真をご覧ください!

弦を押さえる箇所(黒いところ)が丸みを帯びているのがわかります。

これは有名どころのメーカーやそれなりに価格のするカポタストなら、

普通はこうなっています。

 

しかし、激安カポタスト(おそらく1,000円前後)は、

上の写真でいう黒い部分がしっかりと真っ直ぐになっています。

「真っ直ぐ」というと聞こえが良いかもしれませんが、

これでは全弦しっかり押さえることができません。

真っ直ぐの形状だと、

綿密に角度を調整しないと1弦が鳴らないことがしばしばあります。

(激安カポタストの写真がありません。既に処分してましたm(__)m)

 

楽器店では有名どころのメーカーの身の扱いなので問題のないのですが、

中古量販店で楽器を扱っているところに激安カポタストが売られています。

場所によっては500円くらいのものもありますが、

私もそうでしたが、

弦がしっかり押さえれなかったり、すぐ壊れたという声をよく聞きます。

 

カポタストの購入は楽器屋一択かもしれません。

 

 

バネがやたら硬い

カポタストは弦を押さえ込むもので、

バネの力は相当なものです。

上の写真のような Kyserカポタストもやはり力を入れて、

バネの伸縮をします。

 

しかし、激安のカポタストは、

バネの伸縮がメチャクチャ硬いです。

相当力を入れないと開くことができず、

力に自信のない方だと、

ギターに装着するのも一苦労です。

おそらく、先ほど話した装着部分の真っ直ぐなため、

ある程度力をキツめにしていることと推測してしまいますが、

実際のところは正直わかりません。

 

ただ激安カポタストはバネの伸縮がものすごいキツいです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ライブやる人はケチってはダメ!

かと言って激安カポタストを選ぶなというのも、

人によってギター関連にかける予算も異なるし、

何よりも個人に選択肢はあるので、

上の激安カポタストの不具合をしっかり理解した上で使用するのであれば良いでしょう。

 

しかし、人前で演奏する人は話は別です。

上のような不具合で、

特に演奏に支障をきたすようなことがあれば、

正直聴いてくれるお客さんに失礼です。

そこで音が出ないなんてことあれば、

ミスしたと思われあなたの評価も微妙なものにもなります。(ミスは仕方ないけど、わかりきった不具合は回避したいところ)

そこでお客さんが失うことにもなるし、

何よりもライブは一期一会、

しっかりと瞬間的に意識して心を込めて演奏するのが音楽人の果たす義務と言って良いでしょう。

なので、音はしっかり確実に出すことが前提となるので、

やはりカポタストはケチってはだめです。

 

カポタストはあなたの演奏をしっかりと支えるアイテムで、つまりあなたの味方になります。

 

 

手っ取り早いのはKYSERカポ!

カポタストというのは人によっては、

ネジで調整したりと面倒臭いものという認識があります。

私TAKA∞も過去にそういう認識があり、

ギター弾いて10年以上はカポタストを所有したことありませんでした。

エレキ中心ということもあり、

あまりカポタストに縁はなかったです。

しかし、アコースティックギターを弾く頻度が多くなり、

カポタストを使用することになりました。

そこで出会ったのがKyserカポでした。

 

私のことはさておき・・・

Kyserカポのメリットは3つあります。

・しっかり全弦押さえれる。

・片手で手軽に簡単に脱着できる。

・演奏中にもフレットの位置をずらしたりできる。

やはり片手で手軽に脱着できるのは便利です。

 

ライブでは複数の楽曲を演奏するので、

ネジ式のカポタストだと演奏時間が取り付けで時間が取られるので、

正直その時間は勿体ないです。

それだとKyserでワンタッチで装着できる方が良いですよね。

 

ネジ式もバネの強さを調整できるメリットもありますが、

ライブなどの場面では Kyserカポが良いですね。

Kyser (カイザー) クイックチェンジ カポタスト 6弦アコースティックギター用, ゴールド, KG6G

価格:2,340円
(2021/11/2 04:58時点)
感想(0件)


以上、激安カポタストの罠についてでした。

人それぞれ価値観というものがあるので、

激安のカポタストでも良いという人もいます。

別にそれを選ぶなとも私自身人に言えないし、

個人の自由です。

しかし、人のために演奏している人は、

やはり妥協せず、

聴いてくれる人を楽しませたり、喜ばせたり、

人の心にプラスの光を当てるので、

そのためにはしっかり音を出すことが前提です。

しっかり良いカポタストを購入しましょう。

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です