新型MacBook Proレビューおすすめ動画5選〜主に音楽制作と動画編集向け〜

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

今週2021年10月26日に新型MacBook Pro 14/16インチが発売されました。

YouTube界隈でのレビュー動画も順次アップロードされていて、

参考になる動画と全く参考にならない動画があります。

中には全く何を言ってるのか難解すぎて意味不明な動画があり、

全く初心者向けにはわからない内容のものがあります。

今回のMacBook Proはプロ向け使用とは言いますが、

一般人は使用したらダメですか?

誰が使おうが少なくともこの日本では自由なはずです。

今日は今YouTubeに出ている新型MacBook Proを

とてもわかりやすくレビューしている人を5名ピックアップします。

 

 

新型MacBook Proレビューおすすめ動画5選〜主に音楽制作と動画編集向け〜

  • ぱくゆう
  • ワタナベカズマサ
  • monograph/ 堀口英剛
  • UZUMAX
  • キズモード・ジャパン

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ぱくゆう(音楽制作と動画編集)

シンガーソングライターの方でよくMacについて熱く語る動画が数多くあります。

上の動画では音楽制作と動画編集と配信に使用するソフトウェアのインストールの検証、

MacBook Pro本体の外部ポートに接続検証のレビューをしてます。

スペックはMacBook Pro 14インチでM1Proの10コアCPU 14コアGPU  32GBメモリ ストレージ512GBSSD

私TAKA∞は2年前にPCをMacに切り替えるときに、

この方のMacのレビュー動画を参考にして、

晴れてMacユーザーになりました。

誰よりもぱくゆう氏は初心者の人に寄り添ったレビューをしてくれるので、

特にこれからMacを使用して音楽制作をする人にはとても参考になります。

 

上の動画をアップした後に生配信でもMacBook Proについて、

より踏み込んだ検証をしてます。

特に音楽制作では新しいmacOS「Monterey」に対応しているソフトウェアが全くと言っていいほど無くて、

島村楽器のサイトではmacOS「Monterey」への音楽ソフトウェア、ハードウェアの対応状況が一覧になっていて、

以下のURLよりご覧いただけます。

上の動画ではまだまだ音楽制作には厳しいような感じです。

動画の最後ではまさかの発言を・・・(音楽制作からの目線で・・・)

 

 

 

ワタナベカズマサ(動画編集)

札幌出身のガジェット系YouTuberです。

スペックは16インチでM1Max搭載の32GBメモリで1TBストレージ

基本的な紹介からSDカードの取り込み速度やベンチマークもチェックしてます。

Final Cut Proでの動画編集のレビューもしていて、

8K30fpsでプロキシなしで編集できるとのことです。

また動画書き出しもM1MacBook Airと比較してます。

16インチのM1Maxの購入を考えている人は是非ご参考にしてください!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

monograph/ 堀口英剛(動画編集)

ガジェット系のYouTuberです。

スペックは16インチでフルスペックでレビューしてます。

チェンネル登録者数も19万人で

とても丁寧なレビューが印象的です。

上の動画では基本的なレビューです。

 

さらに下の動画にてより突っ込んだレビューをしてます。

CPU、GPU、SSDのベンチマーク検証、

また動画編集でFinal Cut Proでのレビューしてます。

 

 

UZUMAX(動画編集)

こちらもガジェット系YouTuberです。

使用スペックは14インチの標準モデルです。

標準モデルで充分使えるのかどうか、

動画編集や普段使いのレビューをしてます。

動画編集ではWindowsのRyzen7チップ搭載の自作PCと比較してます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

キズモード・ジャパン

網藤氏のレビューです。

使用スペックは14インチ標準スペックです。

M1MacBook Airと比較しながらのレビューをして、

個人が購入するための考え方について話してます。

 

 


新型MacBook Proレビューおすすめ動画5選でした。

全てに共通して述べられていることが、

ファンが回らないとのことです。

今回のMacBook Proもファンは搭載されていますが、

今回の5名以外の動画でも、

「全くファンが回らない」

「むしろどうやったらファンが回るの?」

とレビューされてます。

特にこの点では音楽制作的には重要で、

あとはmacOS「Monterey」がサードパーティの音楽制作ソフトが対応すればというところです。

また、そんなに負荷かけない作業で一般の人だったらM1Macで充分ということも述べられてます。

今回はGPUのコア数がスペックを盛れば劇的にカスタマイズできるので、

本当のプロ向けの機種というレビューがほとんどです。

インターネット閲覧したり、YouTube見たり、

YouTube向け動画編集するならM1Macで充分だし、

むしろアマチュアの音楽制作もM1Macで良いです。

ただ、そこは個人的な価値観もあるので一概には言えません。

今回のMacBook Proの登場は、

さらにユーザーのMacの選択肢を広げたことは間違いないです。

音楽制作の人は今回のM1Pro、M1Maxは一旦落ち着いた方が良さそうですね。

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です