ヴォーカル、ボイトレに通う目的を考えよう+ボイトレ教室紹介あり

公開日 2021年5月6日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞です(@atomicsound_hys)です👍

ヴォーカルはとても身近な楽器というイメージがあります。

無料ですぐ音が出ますので、そう思いがちです。

しかし、簡単に出る楽器程、実は意外と奥が深く、

そのままではとても使い物にはなりません。

ヴォーカルは人間の生身で発する楽器なので、

そのままではとても楽器とは言えないくらい使えないです。

だから日々トレーニングして楽器としてチューニングするために、

ボイストレーニング(以下ボイトレ)に通ったりして鍛錬を積みます。

ただボイトレを歌を上手くしてくれるというイメージがありますが、

そんなことを期待してはいけません。

ボイトレは正しい発声方法を身につけることが目的です。

歌を上手くするのは自身の努力や鍛錬の結果です。

なので、今日はボイトレに通う目的についてお話しします。

 

 

ヴォーカル、ボイトレに通う目的を考えよう+ボイトレ教室紹介あり

  • 正しい発声を身につける
  • 音楽知識を身につける
  • 新しいトレーニング方法を知る
  • 音楽性を広げる
  • ボイトレ教室

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

正しい発声方法を身につける

●ボイトレに通うべき

導入分でも少し触れましたが、

まさにボイトレの最大の目的が、

正しい発声方法を身につけることです!

私TAKA∞もボイトレに月2回通って、もうかれこれ7年になります。

最初にボイトレに入会した時に、

インストラクターに言われたのが、

「ボイトレでは喉に負担のない発声を身につけ、楽に歌えるようになる」

さらに例として、

プロアーティストがツアーで何十箇所も回るのに、

1回の公演で喉を壊していたら全て回りきれません。

私TAKA∞もボイトレに通い始めの頃は、

バンドのスタジオで歌っても2、3曲で喉壊してました。

正しい発声方法を知らないとこんな悲劇を生むんです。

もちろん才能ある人は、元々正しい発声方法を身についている人がいますが、

その人はその人で、誰しもそうではないです。

だから、ボイトレで正しい発声方法を見つける必要があります。

 

●プロでもボイトレに通ってます。

テレビの音楽番組でプロヴォーカリストが出演したときに、

トークの流れで、「ボイトレに通っている」ということを聞くと思います。

実際に下記のURLでボイストレーナーのりょんりょんさんが担当しているアーティストさんの一覧が出てます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤涼子

私TAKA∞もテレビでりょんりょんさんのプロヴォーカリストへの指導を見たことがありますが、

とても厳しく、レベルがかなり高いです。

またプロの人でも毎日やらないと発声方法というのは維持できないです。

 

●少しでも発声に不安を感じたなら通うべき

よくこんな人がいますが、

カラオケで100点連発して、

俺歌上手いだな!

じゃ〜バンドでヴォーカルできる!

と思い込む人がいますが、

そのほとんどの人は正しい発声ができていなく、

声に響きがないので、バンドのオケに埋もれ挫折していきます。

もし、最初にその状況に陥ったらボイトレに通うべきです。

私TAKA∞もその一人です。

音楽が好き、歌が好き、続けたいと思ったらすぐ行動しましょう!

 

 

音楽知識を身につける

発声方法以外にも、

もちろん歌は音楽なので、音楽知識についても必要に応じてレクチャーしてくれます。

特にリズムについてインストラクターによって、良いトレーニング方法を伝授してくれるかもしれません。

通いはじめのうちは発声のトレーニングオンリーになりますが、

だんだんレベルが上がるにつれ、リズムの取り方や音の運び方についても伝授してくれます。

私TAKA∞の場合は、リズムはバンドで鍛えられてたので指摘されたことはないのですが、

音の運び方については、発声も関わりますが、

ワンフレーズ息を切らず、レガートを意識しながら滑らかに音を運ぶイメージでとアドバイスいただきました。

良いインストラクターに当たれば、良くなることはたくさん指摘してくれます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

新しいトレーニング方法を知る

ボイトレに在籍しているインストラクターも会社単位で、

トレーニング方法について研究しているので、

方法としては新しいですし、

インストラクター個人も常に歌って、新しい手法も身につけたり、

研究して日々進化しているので、

通い続けることで、最新トレーニング方法も知り身につけれます。

 

 

音楽性を広げる

ボイトレに通うと、

イントラクターとのコミュニケーションもあるので、

そこで音楽の話をしていくと、

新しい発見もあったりすので、

それをどんどん吸収して歌ったりすれば、必然的に音楽性も広がります。

その他ボイトレによっても定期的にイベントで発表会もあるので、

そこで積極的に話しかければ音楽仲間もできますので、

いろんなこと発見し、新しいこと吸収できます。

ただ、今2021年はコロナの影響もあり、

どこのボイトレでもイベントは自粛してます。

アフターコロナでイベント期待しましょう!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ボイトレ教室

代表的なボイトレ教室についてURL掲載します。

特に以下3校は全国展開しているので、みなさんのお住まいの地域にはあると思います。

シアーミュージック http://www.sheer.jp



ヤマハ https://school.jp.yamaha.com/music_lesson/course_index/vocal/

USボーカル教室https://www.us-owners.com

 


 

以上、ヴォーカル、ボイトレに通う目的についてでした。

ギターでもそうですが、

正しい音で楽器を演奏することが、

音楽を楽しくします。

もちろん自分も楽しくなければ聴く人も楽しませられません。

歌も同じで、

まずは正しい発声方法を身につけることが、

ヴォーカルという楽器のチューニングになりますので、

本当に歌をやりたいと思って、自身の発声に少しでも不安を感じたなら、

ボイトレの門を叩いてみましょう。

その扉の向こうには楽しい未来があるかもしれません。

それはあなたの努力と継続次第です。

がんばりましょう!

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です