ギター初心者のギターの始め方〜ギターとシールドとアンプとヘッドフォンとチューナー揃えよう!

公開日 2021年2月1日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

本日、2021年2月1日よりワードプレスのブログ運用を開始します。

よろしくお願い致します。

私TAKA∞のプロフィールはこのページをご覧ください。

最近よくこのようなニュースを目にします。

コロナ禍で巣ごもり需要の一つで、ギターを始める人が増えました。

ライブやコンサートが以前にようにはできない中では、明るいニュースですね。

さて、もうすぐ春に近づくわけですが、

このタイミングで新しいことを何か始める人もたくさんいらっしゃると思います。

学生は進学や進級のタイミングで、社会人は年度切り替わりで、

何かと区切りが良い時期になります。

ただ物事始めるのは、あまり区切りとか意識しないでスパッと始たいところですね。

始めるタイミングは人それぞれなので、あなたが基準で良いです!

この記事ではギターを始たい方でエレキアコギ問わず、どういうふうに始めるかについて描いていきます。

今はインターネットで調べればわかるという意見もありますが、初心者の人はその入り口を見つけるのも大変なので、

この記事を入り口にしていただければ幸いです。


 

 

ギター初心者のギターの始め方〜ギターとシールドとアンプとヘッドフォンとチューナー揃えよう!

  • 超必要アイテム
  • 購入方法
  • 独学or教室
  • 教則本or YouTube

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

超必要アイテム

ギターでよく通販とかである初心者セットを買えば間違いなく必要なアイテムは必ず揃いますが、

それぞれなぜそれが必要かわからないですよね?

初心者セットの中にはあまり必要ないものもあったり、スマホで代用が効くものもあります。

なので、以下で必ず必要なアイテムを紹介します。


ギター本体

これは言うまでもなく、これがないと始まりませんね。

あなたの好きなギタリストが使用しているものを参考にすると良いでしょう。

形から入るのも良いので、それがあなたの最初の相棒です!


●ギターアンプ(アコギは不要です。)

エレキは超重要必須アイテムです!

なぜならエレキギターはアンプを通して初めて楽器として成立するからです。

この点については、別記事で語ろうと思いますが、

エレキの生音だと音が小さく、不要な弦が鳴っても気付きません。

アンプを通せばノイズとなり、結果何を弾いているのかわからなくなります。

なので、アンプは必要です。


●シールド(アコギ不要、エレアコ必須)

エレキギターとアンプを繋ぐケーブルです。

これも超重要必須アイテムです。

最初は1,000円くらいのもので良いです。

ピック

ギターを弾くのに必要といえば必要ですが、要らないという人も中にはいます。

しかし、この世の中はピック奏法の楽曲の方が多いので必ず必要です。


●チューナー

音をチューニングするアイテムです。

これは、実機を買わなくてもスマホアプリでも対応できます。

なので、初心者セットにはなくても良いです。



●ヘッドフォン

夜間の練習に必要ですが、特段ギター用のヘッドフォンというのはほとんどないので、

電気屋さんに売っているもので良いです。

これだけあればエレキギターないしアコースティックギターは始められます。

金額としては30,000円あればお釣りはくると思います。


 

購入方法

今はインターネットでAmazonやYahooショッピングでも購入できますが、

最初はできる限り楽器屋さんで買った方が良いです。

といういうのは、

人からのアドバイスというのは非常に大切で、特に楽器屋の店員さんのほとんどは現役で楽器を弾いている人でギター出身の人多いです。

こちらが買うつもりで行けば、店員さんも喜んでアドバイスしてくれるし良心的な店員さんだったら、こちら側の希望に沿った提案をしてくれます。

ここで言う良心的な店員さんというのは、必ず先に名刺をくれます。

それは中学生や高校生相手でも丁寧に名刺を出して、いろんな質問をしてくれます。

そういう人から買いたいですよね。

逆に買わせる気オーラ全開の人は名刺を出さずとにかく上から目線で接客してくるので、その人からは離れるか他の楽器屋さんへ行きましょう。

この点について後日さらに深掘りします。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

独学or教室

ここがギター初心者の時に悩むところで、過去から今も続いてます。

金銭的な面もあるので、余裕があれば教室に言って良いし、ちょっとお金厳しいなと思うなら独学で良いです。

ただ、この点についても後日深掘りしますが、

これは私TAKA∞のギターの先輩が言っていたことですが、

「ギターは教えてもらったらその人の音になってしまう、自分の音を作るには自分自身で学んでいく必要がある」

こんなガッチガッチに言ってないですが・・・

アーティストになりたいと思うのであれば是非独学でやってみてはどうでしょうか?

 

 

教則本or YouTube

これは今の時代の悩みですよね。

私個人の意見を言わしてもらえば、

両方併用が良いです。

お互いのメリットを活かせれれば理想です。

教則本は大半の書籍では順番通りでレクチャーしてくれてます。

YouTubeは動画投稿者にもよりますが、あまり初心者向けの順序を組んでいない傾向が多く見られ、

ギター講座のYouTuberは数多く健在しますので、そこで自分に合う動画を探すのは困難だし時間も多く費やします。

なので、基本は教則本で進めて、補足的にYouTubeを利用するのが理想です。

ただ教則本にDVDやCDがあればそれで完結できますが・・・

最初は教則本から当たるのが良いです。

 

 

本日はギターを始めることについての概要的な内容ですが、

まとめると、

購入店 最寄りの楽器屋さん

購入アイテム ギター、アンプ、シールド、ピック、ヘッドフォン

極力独学推奨、金銭的に余裕があれば教室

教則本を基本にして補足的にYouTube

今後の記事でいくつか深掘りする点もありますので、今後そちらについても描いていきます。

今日は楽しいことのはじめの一歩です。

ご拝読ありがとうございます!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です