こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

最初にオーディオインターフェースを購入する際に気にすることでしょう。

特にInputの数です。

多ければ多いに越したことはないし、

たくさんあれば、

それはそれであらゆる状況に対応できる可能性も高くなります。

しかし、たくさんInputあったとしても、

あなたの制作環境に合っていないと、

その買い物が無駄になってしまいます。

その分安く済ませてギターの消耗品など購入する手もあります。

今日はオーディオインターフェースのInputの数がどのくらい必要かについてお話しします。

 

 

DTM、オーディオインターフェースのInputチャンネル必要数?(ROCK制作向け)

  • 製作者は何人?
  • 取り込む楽器は?
  • ROCK制作は2つInputあれば事が足りる
  • 楽器以外などはLine Inputあるものをチョイス

 

 

スポンサードサーチ

製作者は何人?

slightly_differentによるPixabayからの画像

オーディオインターフェースのInputチャンネルは多い方が、それに越したことはありませんが・・・

逆に買ったは良いが使うことなく無駄になっている・・・

という後悔している人も少なくはありません。

 

それでまずは、あなたの音楽制作の環境を洗い直してみましょう。

 

見出し項目にもあるように、

あなたの音楽制作は何人で行っていますか?

 

一人でdemo音源用に作るのか、

あるいはソロでやっているのか、

バンド単位でやっているのか、

 

またオーディオインターフェースは、

一人で使うのか

それともバンドでスタジオでレコーディングするために使用するのか、

 

バンド単位で使用するのであれば、

ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム(Line Inputから別ミキサーと連動)を同時に録音するのであれば、

4つInputチャンネルあった方が余裕は持てます。

 

ただ、一人でやるのであれば、

4つのInputチャンネルは持て余すし、フルに使うことはほとんどありません。

使ってもせいぜい2つが最大です。

 

 

取り込む楽器は?

次にオーディオインターフェースに取り込む楽器等について考えていきましょう。

 

例えばあなたがギター弾きだとすると、

必ず1チャンネルはギターで使いますよね?

 

ここでギターのインストのみの制作で一人で行う制作環境であれば、

もうInputチャンネルは1つあれば充分です。

ベースを録りたかったらInputチャンネルを取り替えれば良いだけだし、

インストだったら1つチャンネルあれば良いです。

 

ただ、Inputチャンネル1つだけのオーディオインターフェースはあまり売られていないので、

選択肢はInputチャンネルは2つのモデルからになります。

 

Inputチャンネル2つあれば、

1つはギターで使用して、

もう一つはマイクで使用すれば、

弾き語りの1発録りができます。

その場合は別途マイクとキャノンケーブルとマイクスタンドが必要になります。

【宅録セット】Steinberg スタインバーグ オーディオ・インターフェース UR242

スタインバーグ Steinberg オールインワンセット UR22mkII Recording Pack ラップトップやiPadに接続してどこでもスタジオクオリティの録音や作曲を可能にするオーディオインターフェース

 

 

スポンサードサーチ

ROCK制作は2つInputあれば事が足りる

SeppHによるPixabayからの画像

バンドサウンド向けROCK制作は、

基本的にヴォーカル、ギター、ベース、ドラムです。

 

例えば、

ギター弾きが一人でソロ音源あるいはバンドのdemo音源制作をやるのであれば、

 

ドラムはDAWソフトに付属しているソフト音源のドラム、

あるいはドラムのソフト音源、

他方でドラムのメンバーに別途で録ってもらうか、

など基本的に音源をDAWに取り込みます。

なのでInputは必要ありません。

 

ベースは所有しているならInputチャンネルのHi-zボタンをOnにして、

アンプはDTM付属のベースアンプを使用しても良いでのそれで録音できます。

ソロでやっていてバンドサウンドのグルーブを出したいなら、

ソフト音源での打ち込みは勿体なく、

極力自ら録音したいところです。

 

ギターはアンプシミュレーター、ギターアンプの Line Outから引っ張るか、

それともDAWのアンプを使用するか、

選択肢は色々あるかと思いますが、

必ずHi-zはOnにしてください。

Hi-zオフのままだと音がしょぼくなります。

Hi-zわからない人はこちらをご覧ください→https://www.g200kg.com/jp/docs/dic/hiz.html

 

ヴォーカルは言うまでもないですね。(ヴォーカルにはHi-zは必要なし)

 

一人で制作を行うなら、このように2つInputチャンネルあれば充分ことが足ります。

一人だったらギターとヴォーカルを同時に行うくらいで、

それ以上は本当に必要ないです。

  

 

ただiPadからソフト音源を取り込みたい、

昔から使用しているシーケンサーを使いたい、

と言う人は、

 

 

楽器以外などはLine Inputあるものをチョイス

fancycrave1によるPixabayからの画像

上の用に楽器以外のタブレットなどの端末の音をオーディオインターフェースに取り込みたい場合でも、

基本的にそのままInputに接続すれば良いのですが、

それをヴォーカル、ギターも取り込んで、

録音中にそれら端末も同時に取り込みたいのであれば、

オーディオインターフェースの裏にLine Inputという端子が2つ(L、Rあるいは3、4)あります。

もちろん普段の練習でも端末を使用する場合で、

軽くリハするのにも使えますので、

Line Input搭載のものは拡張性があるので選択肢としては重要箇所です。

Steinberg UR242 4-Channel USB Interface by Steinberg

↑はオーディオインターフェース本体の裏にLine Input端子搭載してます。

iPadに接続する場合は、以下のケーブルが必要です。

 

UGREEN オーディオケーブル 3.5mm to 6.35mm 変換ステレオミニプラグ 2分配 trs ケーブル オス-オス HIFI ナイロン編組 スマートフォン PC CDプレーヤー スピーカー アンプ等に適用


以上、

今回はDTM、オーディオインターフェースのInputチャンネル必要数?(一人ROCK制作向け)でした。

ROCK専門にやる人向けにスポットを当てているので、

シンガーソングライターの人とは視点が違います。

基本的にROCKは生演奏に拘りがあり、

それはやはりバンドとしてどう音源にそのグルーブ感を出すか、

それはシンガーソングライターの人も同じですが、

ROCKはその要素はかなり重要なので、

Inputチャンネル必要数は一人でやるなら2つです。

 

以上、

今日もありがとうございました!