こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

今年2021年もあと残るところあと25日くらいになりました。

師走の中走っている人大勢いると思いますが、

皆が走り終える年末の紅白歌合戦が待ってます。

先月に出場歌手、アーティストが決まり、

好きなアーティストが出場して嬉しい人、

あるいは落選して萎えた人、

色んな思いはあると思います。

そんな中でなんと、

BUMP OF CHICKENが2度目の出場を果たします。

地上波のTV番組にはほぼほぼ出演しないアーティスト、

どういう形でも出演になるかは分かりませんが、

TVで観れるのは嬉しいことではないでしょうか。

演奏する曲は大体察しは付きますが・・・

今日はこのタイミングでBUMP OF CHICKENの名作のレビューをします。

 

 

BUMP OF CHICKEN、2ndアルバム「ユグドラシル」全曲レビュー(感想)

ユグドラシル [ BUMP OF CHICKEN ]

価格:2,728円
(2021/12/6 05:03時点)
感想(20件)

 

 

スポンサードサーチ

Asgard

アルバムの幕開け。

アコギでアドリブで弾いたのだろうか・・・

 

 

オンリーロンリーグローリー

ここからが作品の本編となります。

最初のギターのイントロがBUMP OF CHICKENの特徴が出てます。

コードでガッツリ攻めてくるギターはジャパニーズロック全盛期を彷彿させます。

また、曲全体としてファーストなイメージですが、

サビの「オンリーロンリーグローリー」で落ち着かせるところ、

ここでしっかりと聴かせてくる、

親やすさがあるバンドの特徴でもあります。

 

 

スポンサードサーチ

乗車券

カラッとしたギターに殺伐としたダーク感漂う歌から展開していきます。

間奏のベースが光るバンドとして聴かせどころもあり、

バンドでコピーするのに最適な曲とギター弾き目線で聴いてしまいます。

 

 

ギルド

穏やかなギターのアルペジオから始まり、

暖かさで包んでくる歌が入ってきます。

一見A-B形式のようにも思えますが、

しっかり聴くとAーBーサビの形式ですね。

でも人によってはA-B形式と思う人もいるのでは・・・

落ち着く曲なので、

そんな形式を考えるよりも、

素直に落ち着いて聴いてしまいたいところです。

 

 

スポンサードサーチ

Embarance

聴きながら歌詞に注力すると、

なんか童話を聴いているような、

優しさ溢れる物語をイメージしながら、

イイお話を聴きたい気分になります。

 

 

Saling Day

アルバム中のロックナンバー!

疾走感もあり、

爽快で駆け抜ける感じは多くのバンドマンも虜にする曲です。

BUMP OF CHICKENに憧れたギターキッズ、あるいはバンドキッズは、

みんなこの曲をコピーしたのかも・・・

YouTubeでカバー動画たくさん観てきました。

それだけにこの曲の日本のROCK界に与えた影響力は絶大です!

 

 

スポンサードサーチ

同じドアをくぐれたら

切なさ漂うギターと歌、

だんだん穏やかな感じにアレンジが変わっていき、

やはり落ち着く曲になってくるバンドサウンド。

でもどこか先程同様、

童話を読んでいる感覚に・・・

これは歌詞なのかメロディーなのか・・・

いや両方セットで聴いて、

その曲に入り込んで感じるのだろう・・・

 

 

車輪の唄

サウンド的には大人しいイメージですが、

なんだか良い意味での緩い映像が映し出されます。

どういう映像かと言うと、

田舎の電車に乗っている感じです。

やはり独特な映像を見せてくれるサウンドは、

BUMP OF CHICKENというバンドを尊敬するところです。

 

 

スノースマイル

冬の歌は雪だとか冷たいだとか寒いのイメージですが、

この曲はなんだかほっこり温まる印象です。

タイトルにあるように

スノースマイルだからこそ、

冬でも同じように笑っていたいし、

笑うということは温かいということでもあると思いたいです。

 

 

レム

アコギと歌がメインで、

しっとりとした印象です。

こういう曲はアコギ1本でどういうアレンジで弾くかで

印象が変わります。

一切ごまかしが効かない、

ラーメンで言ったら塩ラーメン・・・

ちょっと例えが可笑し過ぎますが・・・

シンプルな曲故に、どうアレンジするか・・・

勉強になります!

 

 

Fire Sign

ギターROCKって良いなって思える曲と感じます。

普段メタルやっててJ ROCK聴く人も、

たまにこういうサウンド聴くのも良いですよ!

ギターという楽器がいかにアナログか、

普段歪み増強でエフェクターを使うけれど、

たまにはアンプだけの歪みで、

それも適度に歪ませれば、

意外にも新しい発見あるかもよ・・・

以上、ギター目線で思ったこと汗

 

 

太陽

アルバムも終盤、

この楽曲がどこに向かうのか、

その道標を示そうとしているような、

ゆっくりゆっくりその道を歩いている感じがします。

 

 

ロストマン

ここがクライマックス!

BUMP OF CHICKENの名作です。

ここで書くよりも上の動画ご覧ください。

 

 

Midgard

終着点・・・

 

ユグドラシル [ BUMP OF CHICKEN ]

価格:2,728円
(2021/12/6 05:03時点)
感想(20件)

以上、ありがとうございました。