AirPods3とAirPodsProどっち選ぶ?(機能はProバッテリー持続は”3”)

公開日 2021年10月28日 最終更新日 2021年11月9日

Last Updated on 2021年11月9日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日のAppleのイベントでAirPods第三世代(以下AirPods3)が発表されました。

これを楽しみにしていた方も多くいるのではないかと思います。

ただ一方AirPods Proを使用している人はどう思いましたか?

おそらく大方は特に進化していないのではと思った方も少なくないでしょう。

実際にそんなことはなく、

ワイヤレスイヤフォンとして一番大切な部分が進化しています。

今日はAirPods3とAirPodsProをどちらを選ぶべきかについてお話しします。

 

 

AirPods3とAirPodsProどっち選ぶ?(機能はProバッテリー持続は”3”)

  • AirPods3の特徴
  • AirPodsProの特徴
  • 両者の違い
  • 機能はAirPodsProバッテリー持続はAirPods3

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

AirPods3の特徴

写真はイメージ

先日のAppleイベント内で発表がありました。

ここでは前モデルAirPods2との比較して、

進化した部分にスポットを当てて特徴についてお話しします。

 

バッテリー性能

特にワイヤレスのイヤフォンというより、

ワイヤレス機器全般に言えることですが、

一番このバッテリーの持続がどれくらいあるか気になるところです。

 

全モデルでは1回の充電で最大連続再生時間が5時間でしたが、

今回のAirPods3は1回の充電で連続再生6時間に延びました。

充電ケースを使用した場合は前モデルが24時間以上の再生時間でAirPods3は最大30時間です。

 

1時間延びるだけでもかなり違うし、

充電回数が減ることにもなるのでメリットはかなり大きいです。

 

充電ケース

前モデルは充電ケースでしたが、

今回はMagSafe充電ケースになっているので、

充電方法の選択肢が増えました。

 

オーディオテクノロジー

AirPods Proに付いている

アダプティブイコライゼーション、専用の高偏位Appleドライバ、専用のハイダイナミックレンジアンプ、空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング1

これらが今回のAirPods3にも組み込まれているので、

前モデルよりも音質はかなり向上しています。

特に空間オーディオの搭載はより臨場感を感じることでしょう。

 

コントロール

AirPodsの細い部分にプッシュできる箇所があり、

そこを押すと様々な動作ができます。

 

前モデルでは連続2回タップで再生、再生中であれば次の曲にスキップと電話に応答の動作でした。 

 

今回のAirPods3は、

AirPods Proと同様に

1回のタップで再生と一時停止と電話の応答ができます。

連続2回のタップで次の曲にスキップ、

連続3回で前の曲にスキップ、

長押しでSiriを起動します。

 

サイズ

今回はイヤホンの細い部分が短くなり、

前モデルよりも高さは1cm低くなり、

その分幅や厚さ、重量も増してます。

それに伴い、

充電ケースも高さが低くなってます。

 

 

AirPodsProの特徴

ここではAirPods3にない機能を紹介します。

見た目の違いとして、Proはイヤーピースがイヤフォンに取り付けられています。

 

アクティブノイズキャンセリング

外部音を遮断します。

本体の細い部分を長押しして外部マイクと切り替えれます。

周囲の音を遮断し、

小さい音は全く聴こえません。

集中したい時に無音状態にしたい時に最適で、

音楽聴く目的以外にも使用できます。

 

外部音取り込みモード

ノイズキャンセリングとは逆で、

AirPods Proのマイクで外部音を取り込みます。

マイクというと機械的に聴こえるという印象がありますが、

そんなことはなく、

全く自然な感じで周囲の音が聞こえます。

まるでイヤフォンをしていないかのような感覚です。

 

バッテリー

1回の充電で4.5時間の連続再生が可能です。

また今回のAirPods3の登場でMagSafe充電ケースに切り替わってます。

 

サイズ

AirPods3とほぼ高さは同じですが、

Proの方が厚かったり、幅があったりします。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

両者の違い

写真はイメージ

上でProと3の特徴を列挙していくと、

3は前モデルからよりProに寄せた感じがあります。

 

ただまだ機能面ではProの方が豊富で、

ノイズキャンセリングや外部音取り込みはProのみの機能です。

 

3の前モデルから進化した部分でも

さすがProでは既に備わってます。

 

ただバッテリーだけは、

3が持続時間が伸びて、

これはProよりも頭一つ抜けたという感じです。  

 

価格は

Apple公式でAirPods3が23,800円でAirPods Proが30,580です。(前モデルAirPods2は16,800円と値下げされてます。)

[あす楽対応] 【2021年10月発売モデル】 【NEW】 Apple AirPods (第3世代) # MME73J/A アップル MagSafe充電ケース付き エアポッズ3 2021 本体 [ 新品 国内正規品 ] 新モデル マグセーフ 【KK9N0D18P】 [PSR] 【ラッピング対応】

価格:25,400円
(2021/11/9 13:04時点)
感想(0件)

 

【新品未開封/保証未開始】AirPods pro MWP22J/Aエアポッズプロ Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン Apple エアポッズ プロ アップル純正 ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング ペアリング Bluetooth 白 ホワイト[ラッピング対応可]

価格:26,779円
(2021/10/28 05:07時点)
感想(1206件)

【新品・国内正規品】 Apple AirPods with Charging Case (第2世代) # MV7N2J/A アップル (左右分離型ワイヤレスイヤホン) エアポッズ テレワーク【KK9N0D18P】

価格:17,880円
(2021/11/9 13:06時点)
感想(80件)

 

機能はAirPodsProバッテリー持続はAirPods3

結論として選び方として、

機能面を重視するならAirPods Proで、

バッテリー持続を取るならAirPods3というところです。

 

今回のAppleイベントで発表を聞いているときに、

既にProを使っている人にとっては、

「これProに普通にあるな」

という印象を受けたことと思います。

 

逆に第二世代を使用してきた人にとっては劇的に進化したとお思いでしょう。

 

人それぞれ感覚が違うので、

AirPods3の印象は様々な光を受けることでしょう。

 

これだけは言えるのは、

前モデルAirPods2から新型AirPods3への買い替えは大いにオススメです。

音質向上していて、バッテリー持続も延び、

コントロールもより細かくなったので、

買う価値は大いにあります。

 

しかし、AirPods Proからの買い替えはあまりメリットはありません。

機能面に関してはノイズキャンセリングや外部音取り込みはProでしかできないので、

また音質もおそらく同等くらいです。

バッテリーの違いはあるにしても大差があるわけではないです。

なので、AirPods Proから買い替えるメリットは全くありません。(破損したなら話は別ですが・・・)

 

今回のAirPods3の位置付けとしては、

AirPods2とAirPods Proの中間に位置すると言って良いです。

 

最後に繰り返しますが、

機能はAirPods Proでバッテリー持続はAirPods3です。

 

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です