最新M2MacBook AirとM1Pro MacBook Pro14インチどっち?

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日のAppleのWWDC2022でM2MacBook Airが登場してから、

Mac選びが悩ましいことになりました。

円安による価格の高騰とM2MacBook Airの進化により、

選ぶのに迷いが生じる贅沢な悩みを抱えている人も多いでしょう。

前回ではM2MacBook AirとM2 MacBook ProあるいはM1MacBook Airと比較しましたが、

今日はM1Pro MacBook Pro標準モデルと比較してみます。

 

 

最新M2MacBook AirとM1Pro MacBook Pro14インチどっち?

  • 両者のスペック一覧
  • M2MacBook Airのフルスペックとの比較
  • GPUコア数と拡張ポートと重量

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

両者のスペック一覧

M2MacBook AirM1Pro MacBook Pro
ディスプレイ13.6インチ14.2インチ
チップM2チップM2(8コアGPU8〜10コアGPU)M1ProM2(8〜10コアGPU14〜16コアGPU)
ストレージ256GB、512GB、1TB、2TB512GB、1TB、2TB、4TB、8TB
ユニファイドメモリ8GB、16GB、224GB8GB、16GB、32GB
メディアエンジンハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAW
ビデオデコードエンジン
ビデオエンコードエンジン
ProResエンコード/デコードエンジン
ハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAW
ビデオデコードエンジン
ビデオエンコードエンジン
ProResエンコード/デコードエンジン
サイズと重量高さ1.13㎝×幅30.41㎝×奥行き21.5㎝ 重量1.24kg高さ1.55㎝×幅31.26㎝×奥行き22.12㎝ 重量1.6kg
カメラ1080p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ4スピーカーサウンドシステム
ワイドなステレオサウンド
内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの
音楽またはビデオ再生時は空間オーディオに対応
AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム
ワイドなステレオサウンド
内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの音楽またはビデオ再生時は空間オーディオに対応
AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
電源とバッテリー52.6Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
30W USB-C電源アダプタ(8コアGPU搭載M2に付属)
デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ(10コアGPU搭載M2と512GBストレージを選択した場合に付属、8コアGPU搭載M2の場合はオプションで変更可能)
オプションの67W USB-C電源アダプタによる高速充電に対応
最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
67W USB-C電源アダプタ(8コアCPU搭載M1 Proに付属)
96W USB-C電源アダプタ(10コアCPU搭載M1 Pro、M1 Maxに付属、8コアCPU搭載M1 Proの場合はオプションで変更可能)
96W USB-C電源アダプタによる高速充電に対応
最大17時間のApple TVアプリのムービー再生
ポートThunderbolt4×2 MagSafe端子、ステレオ端子Thunderbolt4×3 MagSafe端子、HDMI端子、SDスロット端子、ステレオ端子
カラー4色(ミッドナイト、スターライト、スペースグレイ、シルバー)2色(スペースグレイ、シルバー)

M2MacBook AirにMagSafe端子が搭載されたり、最大搭載メモリに24GBが加わったりと、

M1Proのスペックに近い部分もあります。

ただGPUコア数に関しては圧倒的にM1Proのスペックが高い。

 

 

M2MacBook Airのフルスペックとの比較

M2MacBook AirをフルスペックとM1Pro MacBook Proをそれに近いスペックに合わせみると

M2MacBook Air(フルスペック)M1Pro MacBook Pro(左記にスペック合わせる)
チップM2チップ(8コアGPU10コアGPU)M1ProM2(8コアCPU14コアGPU)
ユニファイドメモリ24GB32GB
ストレージ2TB2TB
価格348,800円(税込)414,800円(税込)
※M2MacBook Airの電源アダプターは67W

M2MacBook Airをフルスペックの状態にして、それに近いくらいM1Pro MacBook Proをスペック盛ってみたら、

やはりGPUコア数やユニファイドメモリが高い分M1Pro MacBook Proが価格は高くなります。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

GPUコアと拡張ポートと重量

結局はグラフィック性能だったり、拡張ポートあるいは重量が決め手になります。

 

もし、動画編集する場合でも正直M2MacBook Airの10コアGPUでも充分です。

その証拠にM1チップ搭載の7GPUでもできるので、よっぽど高度な映像処理やらない限りはM2MacBook Airで充分です。

 

拡張ポートもM2MacBook AirにMagSafe端子が搭載されたことにより、Thunderbolt端子が2つ自由に使用できるようになったので、HDMIとSDカードスロットが必要なければM2MacBook Airで良いです。

 

やはり持ち運び頻度が高い人は少しでも軽い方が良いので、M2MacBook Airのチョイスになります。

 

上記以外でより高度な動画編集やトラック数の多い音楽制作などの作業はM1 MacBook Proが良いです。

 

大方普段使いでインターネットや動画鑑賞で使いたい人はM2MacBook Airで充分です。

 

以上、今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。