夏のお祭りの楽曲5選〜北海道の音楽人が選ぶメジャーから地域の楽曲まで

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です!

この記事を描いている2021年8月2日、

いよいよ8月も入り夏の本番中の本番に差し掛かりました!

各地域連日暑い日も続いたりで、

夏を五感で感じつつも日々大変な日を送っていることでしょう!

しかし、2021年の夏もコロナ禍であるため、

ほとんどの地域で夏祭りは自粛傾向で、

夏の風物詩の一つがないので寂しい気持ちがどこかあります。

今日は、せめて音楽だけでも夏祭りの雰囲気だけでも感じたいと思い、

私TAKA∞が北海道民で、

あえて北海道の音楽人が夏のお祭りの楽曲を5曲選ぶとしたら、

何を選ぶか、

以下進めていきましょう!

 

 

夏のお祭りの楽曲5選〜北海道の音楽人が選ぶメジャーから地域の楽曲まで

  • 夏祭り Whiteberry(COVER)

  • 友達はいますか シャ乱Q

  • 子供盆おどり唄 持田ヨシ子

  • 東村山音頭 志村けん

  • HANABI Mr.Children

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

夏祭り Whiteberry(COVER)

一発目はタイトルそのままです!

夏祭りはもちろん夏の定番曲です!

選曲した時に本家本元のJITTERIN’JINNかWhiteberry、

どっちをこのブログにアップするか悩みました。

今回は「北海道の音楽人」が選ぶ夏のお祭りの曲なので、

あえてWhiteberryを紹介させていただきます!

Whiteberryがカバーとしてリリースした年が2000年、

JITTERIN’JINNは確か1990年と、

10年違えば音楽の主流によってアレンジも変わってきますね。

Whiteberryはロック色が強く、より爽快感があります。

最後のサビでハモらせてるのもインパクトあるし、

楽曲の締まりもいい感じに出てますね。

 

 

友達はいますか シャ乱Q

特に夏の祭りの曲ではないですが、

楽曲の2番の前の間奏で「ワッショイ、ワッショイ」とまさに夏祭りですね。

最後の掛け合いも夏祭りの雰囲気です。

世間的にはもちろん夏の曲としても認知度は低いと思いますが、

暑い夏に気合が入りそうな、

そんな1曲です!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

子供盆おどり唄 持田ヨシ子

おそらく北海道民以外の人が聴くと、

???状態ではないだろうか・・・

北海道江別市発祥の子供盆踊りの唄で通称「チャチャンコチャン」!

おそらく北海道全域の夏祭りの子供の盆踊りはこの曲が定番です。

自分で言いますが、

北海道の音楽人ならではの選曲です!

この曲を聴くと、夏祭りの時期だな、

夏本番だなとかいろんなことを思います!

でも夏祭りが終わると・・・

北海道の夏は本州と比べると短いのです。

 

 

東村山音頭 志村けん

みんなでお祭りを盛り上がるには、この音頭でしょ!

というくらい候補には必ず上がりますね。

志村けん氏の地元愛を感じますね。

途中で変化を入れたり、で普通に聴いているだけでも絶対に飽きない、

さすがです!

真剣な話この東村山音頭は志村けん氏の曲ではなく、

志村けん氏はあくまでカバーです!

ただ「東村山音頭=志村けん」のイメージが強いのでタイトルにCOVERと入れてません。

元々は1963年にオリジナル音源が発売されて、

1976年には歌手の平田満氏がカヴァーし、

その後ドリフの全員集合で披露して、

という流れがあります。

ずっと後世に語り継がれてほしい音頭です。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

HANABI Mr.Children

今回の選曲に統一感がないと思われるかもしれませんが、

夏のお祭りにスポットを当てても、

ありとあらゆる楽曲が存在するし、

統一を意識すればそれは誰でもそれはできます。

このブログでは統一感というものを排除して、

一つの流れという部分でチョイスをしたと思っていただければと思います。

ちょっと東村山音頭からだと、唐突感は否めないですが、

最後は少々ゆったりしたい。

これが夏の盛り上がりの後なのかもしれません。

でも、夏祭りは終わってもまだまだ暑い日が続くし、

子供たちの夏休みも続くので、

まだまだ夏は終わりません!

「もう1回 もう1回」

と願えば、あなたの夏は続きます!

 


以上、夏のお祭りの楽曲5選でした。

今年も地域によっては夏祭りは自粛しているので、

せめて音楽だけでも雰囲気は感じたいですね。

そう思って今回の記事を書きました。

このブログでもこの5曲だけでも、

充分「夏のお祭り」を充分に感じてくれることでしょう。

いつか必ずコロナが終息して、

これまでのいつも通りの夏を取り戻したいですね。

コロナ終息を願って、

今年の夏も音楽で感じます!

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です