ギター弾いてて良いこと(社会人編)〜良い趣味、存在感UP、気分スッキリ〜

公開日 2021年9月4日 最終更新日 2021年9月5日

Last Updated on 2021年9月5日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日の「ギター弾いてて良かったこと(学生編)(存在感UP、自分証明、繋がり)」

http://taka-music.com/ギター弾いてて良かった学生編(存在感up、自分/

という記事を書きました。

コロナ禍でギター始める人が例年よりも増えてます。

せっかくギターを始めるなら、

長くやりたいですよね!

しかし、Fコードなり、速弾きなり、スウィープなり・・・

時たま壁にぶつかる時があって、

思わず挫折してしまうことも・・・

ただ、ギター弾いて見える世界があると思います。

先日は学生視点で書きましたが、

今日は社会人視点で話を進めていきます。

 

 

ギター弾いてて良いこと(社会人編)〜良い趣味、存在感UP、気分スッキリ〜

  • 趣味が持てる
  • 人に印象を与えられる
  • 気分スッキリ
  • ”ギター=学生”ではない

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

趣味が持てる

社会人ともなると、

仕事する時間が長くなり、

かつ仕事に対する責任も大きく、

休日もついつい仕事のことが頭から離れない、

結果的に家と会社の往復の日々を送り、

休日は寝てばかり、

 

定年になった時に何も残っていない・・・

 

それで良いですか?・・・

 

基本的にそういう人生を送る人は、

 

無趣味の人が多いです。

 

そうならないためにも何か趣味はあった方が良いですね。

後々に話す、

生活にメリハリができたりんもするし、

休日に何かできることがあれば、

気持ちもリフレッシュできるでしょう!

 

ギターを弾くのも全然趣味になります!

 

中には偏見でギターなんて簡単で学生がやるものだ・・・

 

と変な先入観で見る人もいるけど、

 

ギターを弾くのだって、

それなりに時間を要しますよ!

 

Fコード習得したり、アルペジオやカッティングなど、

他の楽器と同様にたくさん弾き方があるので、

それを覚えようとすると自分との張り合いは充分にありますよ!

好きな曲を自分で演奏できるのは楽しいですよ!

 

趣味とは、「仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。」(goo辞書https://dictionary.goo.ne.jp/word/趣味/引用

 

ギターは充分趣味に値します!

 

よく社会人でゴルフが趣味という人多いですが、

ゴルフもギターも同じです!

  

なので、音楽が好きで自分で演奏してみたいと思うなら、

ギター始めるのも良いですよ!

 

 

人に印象を与えられる

これは、「先日のギター弾いてて良かったこと(学生編)(存在感UP、自分証明、繋がり)」

http://taka-music.com/ギター弾いてて良かった学生編(存在感up、自分/

でも書いたように、

要は存在感あるいは自分証明ということです。

 

上手く自己紹介でギター弾いていることを話すことができれば、

「○○さんと言えばギター」という印象を与えれます。

 

正直、無趣味の人とか趣味がギャンブルの人よりも強い印象になるはずですよ!

 

ただ、不自然な流れでギターのことを話さないことと、

あまり自慢気に話さないことがポイントで、

 

アピールしすぎると、

「○○さんはギターだけ・・・」

という悪印象になることもあります。

  

あなたがギター弾いていることは謙虚な感じで適度に自己アピールしましょう!

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

気分スッキリ

日々、家と会社の往復で休日は日用品の買い物と寝るだけ・・・

 

でも会社ではバリバリ働いて、

家ではダラダラ・・・

それでも悪くはないですが・・・

 

何か勿体無いですよね^^;

 

寝てるだけの休日、

休むことに意義がありますが、

 

やっぱり詰まらない時間を過ごすことになります。

 

そこで趣味で「ギター始めました」

となると、ギター弾くために一生懸命になったり、

弾けるようになったら好きな曲をたくさん弾いて、

エレキだったらディストーションサウンドで好きなメタルの曲ガッツしプレイできたら、

 

ストレス発散にもなって、気持ちもリフレッシュできると思いませんか?

 

思わなかったらブラウザごと消しても良いですよ・・・

 

日々仕事ばかりしていて、

またにギター弾くと、

ストレスも消え飛び、

気持ちも一新して、

 

また週明け会社行ったら、

何か新しいアイディアが思い浮かんだ、

なんてこともあるかもしれません。

 

何もしていない人よりはあるかもしれません。

気分スッキリした方が良い仕事できる機会が多いですね。

 

 

”ギター=学生”ではない

よく高齢の人での認識で、

「ギター=学生」あるいは「バンド=学生」

 

果たして今この時代にこの構造が当てはまってるでしょうか?

 

確かにバンドブームが最盛期の時は、

「若者文化」で10代20代の学生がギター弾いたり、バンドやったりという人が多かったでしょう。

それもこの最盛期は80年代から90年代にかけてです。

 

その当時の若者が今でも続けていたら・・・

もう40代から50代になって、

ちゃんと日々仕事して家庭も持っている立派な社会人になっているでしょう。

 

だとしたら、

「ギター≠学生」、「バンド≠学生」

になるでしょう。

 

これを踏まえると、

 

「ギタ=老若男女」、「バンド=老若男女」

 

ということになるでしょう!

 

むしろ社会人になって初めてギター弾く人もザラにいるし、

ギター初心者向けの社会人サークルもあるので、

 

いつでも何歳でもギターを始められます!

 

年齢なんて気にしてたら何もできません。

 

年齢よりも何をするか、何をやりたいか、

 

思いたったら、

 

すぐに始めちゃいましょう!

 

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です