ギターエフェクター、BOSS AC-3(アコースティックシミュレーター)レビュー

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

最初にエレキギターから入った人ほど、

アコギを持っていないケースが多いです。

エレキには興味あるけど、アコギには興味ないという人もいます。

エレキばかり弾いていても、

バンドをやっていると、アコギのサウンドが欲しくなる時があります。

そのためにアコギを購入するという選択肢になってくると思いますが、

この時に100,000円くらいのアコギを思い切って買ってしまうか、

そんな予算ないなら安い10,000円くらいのアコギを買うか、

でも10,000円のアコギで良いのか、

悩みどころです。

その場合に安いアコギを買わずにエフェクターという選択肢があり、

それもエレキの音をエフェクターでアコギの音を作り出せるものがあります。

それはアコースティックシミュレーターと言います。

今日はアコースティックシミュレーターについてレビューします!

 

 

ギターエフェクター、BOSS AC-3(アコースティックシミュレーター)レビュー

特徴

各種ツマミ

MODE

接続方法(DEMO演奏あり)

基本はフロントピックアップを使用

DEMO演奏

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

特徴

エレキギターの音をアコースティックギターの音に変換するエフェクターです。

BOSS /Rolandの独自のテクノロジー「COSM」を駆使しているのも特徴です。

サウンド的には音が繊細になったような気がします。

またBODYのツマミをMAXに回すに伴い音が厚みを増していきます。

※COSMモデリング「COSM」とは、実際に存在する、著名なギターアンプの回路や動作を、デジタル技術により作り上げる当社独自の技術です。その技術を用い、ギタリストがあこがれるギターアンプを構成する各電気部品の微妙な特性を、精密かつ仮想的に本体内に作り上げる「モデリング」により、ギターアンプに必要な、演奏者の意図した弾き方による音色変化までも再現します。(http://www.roland.co.jp/news/0622.html 引用)

 

 

各種ツマミ

REVERB /LEVEL

REVERBリバーブのかかり具合を調整し、

LEVELはエフェクトの音量を調整します。

 

BODY

ボディーによる音の共鳴を調整します。

この調整がアコースティックギター特有の音の柔らかさや厚みを操ります。

 

TOP

高音域のアタック感や倍音成分を調整します。

 

MODE

STANDARD、JUMBO、ENHANCE、PIEZOの4つがあります。

下の「MODE」の項目で解説します。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

MODE

先ほどの各種ツマミの写真の右端に「MODE」というツマミで、

STANDARD、JUMBO、ENHANCE、PIEZOの4つのモードがあります。

つまり、アコースティックギターを異なる種類を4本あるということです。

 

STANDARD

みんさんが普段使っている定番のアコースティックギター(ドレッド・ノートタイプ)のモデリングです。

 

JUMBO

大きなBODYのアコースティックギターのモデリングで、豊かな低域と綺麗な高音域が特徴です。

 

ENHANCE

STANDARDよりもアタック感が強く、バンドアンサンブルでも他の楽器に埋もれません。

 

PIEZO

よくエレアコ(エレキアコースティックギター)で使われているピックアップですが、

このエフェクターの特徴はボディの鳴りが抑えられ、独特のアタック感があります。

 

【あす楽365日】【ご購入特典つき!】BOSS / AC-3 Acoustic Simulator ボス アコースティックシミュレーター【YRK】《/80-set12101》《特典つき!/ 2307117130001》

価格:12,100円
(2021/7/24 09:25時点)
感想(0件)

 

接続方法(DEMO演奏あり)

3通りの接続方法があります。

 

ギターアンプに接続する方法

ギターアンプ側で歪んでいる時にONにしても、歪んだままアコースティックサウンドになります。

アコースティックサウンドを求めるなら、

AC-3をONにする場合はギターアンプのチャンネルをクリーンにする必要があります。

 

PAシステム、オーディオインターフェースに接続する方法

アコースティックライブでPA機器がある場合は、AC-3をミキサーに接続します。

エレキギターでもアコースティックサウンドに変換できます。

 

ギターアンプ、PAシステム、オーディオインターフェースに接続する方法

歪みエフェクターを加える場合は必ずアンプとAC-3の間に接続しましょう。逆だとミキサーに送ったAC-3の音が歪んでしまいます。

この場合、AC -3がONになっている場合はLINE OUTが適用となり、

G.AMP OUTからの出力はミュートされます。

AC -3がOFFの場合はG.AMP OUTが出力され、LINE OUTの出力が

ミュートとなります。

 

上記のギターアンプで歪んでいて、アコースティックサウンドにするには、

アンプのチャンネルをクリーンにして、

さらにAC−3をONにしなければならず、

フット操作が2回になってしまいます。

それを解消するために、

AC-3をG.AMP OUTからギターアンプに接続し、

LINE OUTからミキサーに接続します。

AC-3をONにするとギターアンプの出力がミュートされ、

ミキサー側の出力が適用になるので、

瞬時にAC-3のサウンドに切り替えることができます。

下のレビューで示します。

必ず歪みエフェクターを加える場合は必ずアンプとAC-3の間に接続しましょう。

逆だとミキサーに送ったAC-3の音が歪んでしまいます。

上記動画はギターはFender JAPANストラトキャスター(ピックアップはテキサススペシャル)、フロントシングルコイル、

アンプはVOXPATHFINDER10。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

基本はフロントピックアップを使用

基本は出力の低いシングルコイルのギターを推奨してますが、

ハムバッカーでも特に問題はないです。

ただしアコースティックギターの音は丸みがあるので、

必ずフロントピックアップに入れる方がニュアンスはアコースティックギターに近づきます。

 

【あす楽365日】【ご購入特典つき!】BOSS / AC-3 Acoustic Simulator ボス アコースティックシミュレーター【YRK】《/80-set12101》《特典つき!/ 2307117130001》

価格:12,100円
(2021/7/24 09:25時点)
感想(0件)

 

DEMO演奏

以下の動画で軽くDEMO演奏してますので、

ご参考にしてください!

 


以上、BOSS AC-3アコースティックシミュレーターのレビューでした。

実際のアコースティックギターと比べると、

ちょっと程遠い気もしますが、

アコギにピックアップを搭載してスピーカーから出力される音をシミュレートしたような感じです。

もし、急にアコースティックギターが必要になった時に

生音で音を出すときには安いアコギを買ったほうが良いですが、

安いアコギに安いピックアップ取り付けてやるくらいなら、

このAC-3でも良いですよ。

4つのタイプの音を選択したり、BODY、TOP、REVERBで細かく音をつくれるので、

後々のことを考えてもAC-3を購入しても勿体なくはないはずです。

レコーディングにも使えますので、用途としても色んな場面でも活躍は間違いないです。

是非参考にしてみてください!

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です