ギターが無いときのトレーニング方法〜頭と指で最大限のイメージ

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

何日もギターを弾かないと不安になるのはギター弾きとしては当然です。

例えば旅行行ったり、学校の部活や勉強合宿に行ったりで、

ギターから遠ざかってしまい、それは致し方ないでしょう。

ただ、ギター弾かない期間は指を動かしていないので、

数日振りに弾くと指が思うように動きません。

そうならないために、

今日はギターが無いときのトレーニング方法をいくつか紹介します。

 

 

ギターが無いときのトレーニング方法〜頭と指で最大限のイメージ

  • 指トレ
  • 指ストレッチ
  • イメトレ

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

指トレ

指トレはギターを持たない時に、ギター始めたての人がやるトレーニングですが、

初心者以外でも指の運動という点では良く、

数日間ギターから離れた時にも指を動かせておけば、

自宅に帰った時にギターを弾いてもある程度指は動きます。

指トレの方法としては下の動画をご覧ください。

軽くグーの状態にして、人差し指と薬指を同時に開きます。

次にその状態から人差し指と薬指を引っ込めながら中指と小指を開きます。

さらに中指と小指を引っ込めながら、人差し指と薬指を開きます。

これを繰り返します。

最初はかなりキツイかもしれませんが、慣れればスムーズに動きます。

ギター初心者の人もこれをやるとちょっとだけ指が動くようになります。(劇的な変化は望めない・・・あくまで指を動きやすいようにするだけ)

 

この他にトリルの動きも有効です。

机あるいは自らの腕を利用する時に親指は裏側に置いてください。(机や腕をギターのネック代わりにする)

余った指でトリルをします。

人差し指と中指、人差し指と小指、中指と小指、中指と薬指、薬指と小指、

特に速弾きやりたい人は中指と薬指、薬指と小指あたりを鍛えると良いでしょう。

トリルの動きをやるときは極力弦に触れて音を出しているイメージでやると効果的です。

 

ギターがないところで、このような指のトレーニングをするだけで違います。

ただし、やるときは人に気づかれないようにやってください。

学校の授業中にやると教師に目を付けられることもあるので・・・汗

 

また、このトレーニングはギター始めている人も初心者も全ての人におすすめで、

ギターから数日間離れなければいけない時にやると指の動きは維持できます。 

 

 

指ストレッチ

運動する時にストレッチをやります。

それは動きやすくするため、あるいは怪我をしにくくするため、

最初のウォーミングアップでストレッチを行います。

ギターも同じでやはり指のストレッチをやると指が柔らかくなって、

より動きやすくなります。

 

下の写真のようにストレッチをやります。

これはこのブログでも何度か紹介している指ストレッチです。

これをギターから離れた時にやっておけば、いざ弾いた時に滑らかな指の動きは多少維持できます。

 

ストレッチは他にこちらの記事にも書いてます。

http://taka-music.com/ギター、指ストレッチ色々/

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

イメトレ

また人目が気になって以上のようなトレーニングが不可であれば、

音楽を聴いてギターを弾いているイメージを最大限膨らませます。

 

これはできる限り弾ける曲あるいは弾きたい曲でイメージトレーニングを行います。

極力は弾ける曲が良いです。

例えば再生する音楽をイヤフォンで聴き、

流れてくるギターの音に対して自分がピッキングしているようなイメージして、

動作はもちろんせず頭の中で想像します。

 

そうするとそのギタリストの音の運び方なども学べたりできて、一石二鳥になります。

ギターある環境でもイメージトレーニングは大切です。

普段の練習にも取り入れたら良いですね。

 

 


ギターが無いときのトレーニング方法でした。

人生の中でギターから数日間離れなければいけないときは必ずあるので、

その時にできることを見つけて何をやるかがポイントです。

環境的にできなければそれは仕方ないので、

ただできるのであればやりたいところですね。

ぜひ、今日の紹介したトレーニングをやってみてください。

以上、今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。