ギター、弾けるフレーズが弾けなくなった時の対処法(イメトレのススメ)

公開日 2021年12月19日 最終更新日 2021年12月19日

Last Updated on 2021年12月19日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

ギターに限らず楽器を弾いていると、

突然今まで弾けているフレーズが弾けなくなることってないですか?

特に経験が浅いとそういう場面に出くわすことありますよね?

一言で表すと「壁にぶつかる」というですね。

私TAKA∞も難しいフレーズで何度もありました。

ここで挫折する人もいますが、

なんとか乗り切りたい、

なんとかこのフレーズは弾きたいと様々な思いがあると思います。

今日は、ギターで急に弾けるフレーズが弾けなくなった時の対処法についてお話しします。

 

 

ギター、弾けるフレーズが弾けなくなった時の対処法(イメトレのススメ)

  • 神経質にはならない 
  • もう一度聴いて、イメトレする
  • ゆっくり何度も弾く
  • どうしてもできなければしばらく弾かない
  • 結論~イメトレのススメ~

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

神経質にはならない

まずは、以下のことをやってもほぼ意味ありません。

・弦のゲージを換える

・ピックを換える

・ギターを換える

・アンプを換える

気持ちを心機一転身の回りのアイテムを換えてという部分では良いかもしれませんが、

あまり解決策という点では効果はありません。

もちろんこれが全てではありませんが・・・

大切なのは弾けないフレーズと向き合うことです。

 

 

もう一度聴いて、イメトレする

使ってるものを換えるよりも、

なぜ弾けるフレーズが弾けないかについて、

その楽曲としっかりと向き合いましょう。

 

まずはその弾けない楽曲のフレーズの音源をもう一度聴きましょう。

その時に以下のことを確認しましょう。

・リズム

・どこで音が鳴っているか

・音程変化

ここではギターを置いて良いので、

できればYouTubeなど人が弾いている映像で自分が弾けているイメージをしましょう。

つまり、イメージトレーニングです。

意外とこれをやると解決できることが多々あります。

イメトレはその時だけでなく、

普段、通勤通学で音楽を聴いている時とかでもできますので、

常にギターを弾いていることを創造してみましょう。

自分なりに弾けるぞ!というイメージを持つことです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ゆっくり何度も弾く

できればイメトレの後が好ましいですが・・・

もう一度最初から弾く意識で取り組みましょう。

まずはゆっくりフレーズを確認しつつ弾いてみましょう。

弾けなくなった理由に、

もしかしたら変な癖がついてしまったこともあるので、

再確認の意味でも速度を落として弾いた方が良いです。

楽曲のそのものの速さ以上で弾くと意味がないです。

充分指が馴染んだら、

メトロノームを使ってゆっくりのところから始めてだんだんBPMを上げていき、

慣れたと思ったらそのフレーズの楽曲と同じ速さで弾いてみましょう。

 

 

どうしてもできなければしばらく弾かない

もし、これでも弾けないこともあります。

私TAKA∞も超難易度が高いフレーズでそういう場面に多々出くわしてます。

そういう時は、思い切ってそのフレーズとの距離を置いてみましょう。

もう絶対にそのフレーズを弾かないくらいの意識でも良いです。

もしかしたら、自分では認識してないけどギター弾くことに疲れてるかもしれません。

一定期間そのフレーズは無視しましょう。

無視した後に思い出した時にもう一度トライしましょう。

他方コピーバンドやっていて、

ライブが決まったのに弾けない・・・

その場合は自分が弾けるようにアレンジしてその場を凌いでも良いです。

その際は勝手にやる前にバンドメンバーと相談する方が望ましいです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

結論~イメトレのススメ~

弾けるフレーズがいきなり弾けなくなるのは、

誰にでも起こりうることなので、

特にパニックになる必要もないとは思います。 

 

一番大切なのは普段からイメージトレーニングをすることです。

 

日常でどれだけイメトレしているかで上達速度に比例するかはわからないですが、関連はあると思います。

私TAKA∞が見た上手いギター弾きの人は、

聞いてみるとイメトレはしています。

会話の中でも「車運転しててラジオでこの曲流れて、難しそうだけどできたら凄い!」で常に自分がギターを弾いていることを想定してます。

要はイメトレが染み付いていることです。

もちろん、イメトレしてる場合じゃない場面も多々あると思いますが、

できれば音楽を聴くときだけでも良いのでギターのフレーズが鳴った時、あるいは気に入ったフレーズがあったら、

自分がギターを弾けてるイメージもしてみましょう。

良い未来も創造してみよう!

今日もありがとうございました😃

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です