ギター、ルーパーは難しい?(慣れれば最強の同期ツール)+おすすめルーパー5選

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

2021年もコロナ禍での生活を強いられ、

音楽活動においても、

かつてのような活動は困難となっています。

しかし、ソロで活動してきた人は特段変わりなく、

集客面では影響は出るが、

フレキシブルに活動できていることと思います。

バンド組んでいる人にとっては歯痒い世界です。

ただ、何もできないかといえば、

そうでもないでしょう。

一人でもルーパーという機材を使用すれば、

バンドのようにはいかなくても、

同期したりすることでアンサンブルができたりします。

今の時代ルーパーは必須かもしれません。

今日はルーパーについてできることや機材を紹介します。

 

 

ギター、ルーパーは難しい?(慣れれば最強の同期ツール)+ルーパー5選

  • ルーパーとは
  • 一人セッション
  • バンド演奏の同期
  • 練習時には録音機として
  • ルーパー難しい?
  • BOSS RC-30
  • おすすめルーパー5選

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ルーパーとは

その場で録音してその場で再生するエフェクターです。

多重録音も可能で、

音を録音して、再生して、また音を録音して再生して、

を繰り返すので、

録音時間も現代の機種では10分以上は可能なので、

・一人セッション

・バンド演奏の同期

・練習時の録音

として幅広く使えます。

 

 

一人セッション

●ギターだけでセッション

ギター1本で録音を重ねて演奏すれば、

これだけで1人セッションが成立します。

例えば、ギターのバッキングでリフを4小節弾いて録音して、

それをループ再生します。

再生しながら、アルペジオを入れたり、

ギターソロを入れたり、

と多重録音していくとアンサンブルとなります。

 

●ギター以外にも

もちろんギターだけでなく、

ルーパーによってはマイクのXLR端子が搭載されていれば、

マイクを使って、

ビートボックスでリズムフレーズを録音して、

ベースはギターのエフェクターでオクターバーというもので代用して

録音すると、一人リズム隊の完成です。

そこからギターを重ねて、マイクでコーラスを入れていく

という具合でアイディアは無数に広がります。

ビートボックスができなければ、

ルーパーについているリズムマシンで代用したり、機種によってはできます。

 

●パソコンと連動

機種によってはパソコンのUSBに接続して、

音楽データを入れれたりするので、

オケのデータを入れてれば、

あとは歌うだけ、

ギターを弾くのであれば、

ドラムとベースの入ったオケだけ入れて、

ギター弾きながら歌うということもできます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

バンド演奏の同期

特に日本でみると、

3ピースバンドに使用例が多いです。

当たり前だけど、音圧や音数としてツインギターには敵わないので、

アンサンブルに豊富さを出すためにも、

ルーパーを使用したりも一つのアイディアです。

また、ベースレスのバンドでも使用する例もあります。

●ACIDMAN

いろんな曲でルーパーが使われたりしますが、

この「to live」は曲の中盤でループにに特化した演奏があります。

上の動画で4:29あたりからルーパーを使った演奏が始まります。

 

●チャットモンチー

最初にギターのベースとなるフレーズを弾いて録音と再生をし、

そこからギターを重ね、

一度Bメロでループのフレーズを停止し、

サビでまた再生するといった、

ベースレスの分、ギターのループで厚みを出してます。

 

●バンドでの注意点

ただし、ここがルーパーの難しさというのがあって、

ルーパーの録音で踏み込むと同時に弾いて、弾き終わると同時に踏み込んで再生する時に

この録音と再生の繋ぎ目を途切れることないことと、

演奏ミスがないことに注意をしないといけません。

音が途切れると他のパートに迷惑がかかったり、

演奏ミスがあると、それがずっと再生されるので、カッコ悪い演奏になります。

またルーパーのフレーズを他のパートがしっかり聴かないといけないので、

ドラム側にモニタースピーカーを置くという工夫も必要です。

録音再生の繋ぎ目は難しいかもしれませんが、

ここは練習次第でどうにかできるので、

あまり先入観を持たずにチャレンジしたいところです!

 

 

練習時には録音機として

もちろんライブなど人前に聴かせることだけでなく、

全然練習に導入しても良いでしょう。

案外スマートフォンのメモよりも素早く録音再生できますよ。

スマートフォンだと、

一回一回ギターを置いて、

録音と再生しないといけません。

それがルーパーだと、

足で操作できるので、

素早くストレスなく録音再生できます。

最近ではディレイ単体の機種にもルーパーの機能が入ってますので、

ディレイを購入するつもりで導入するのもアリです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ルーパー難しい?

確かにその場で録音してその場で再生する動作は、

人前でのライブでは演奏ミスできないし、

音もしっかり繋がないといけないので、

難易度高くムリゲーのイメージが強いと思います。

最初のうちはそうかもしれません。

これもどれだけ練習するかによるので、

できるようになると希望持って、

前向きに取り組みましょう。

 

 

BOSS RC-30

今は生産終了して流通在庫のみとなってしまいましたが、

ルーパーとしては出荷台数も多い、

BOSS RC-30を紹介します。

RC-30

最大で3時間で99のループフレーズ記録ができます。

録音して保存したり、PCを経由してmp3音源も保存できます。

マイクケーブル(XLR端子あり)を接続できますのでギター以外にも歌や生楽器も録音再生ができます。

<各部位について>

①録音と再生のペダルです。最初に演奏の頭で押すと録音が始まり、もう一度押すと録音したフレーズを再生します。

また②で止めて、①を踏むとまた再生します。

②音を停止します。

③2トラック分録音と再生が可能でフェダーでギターのヴォリュームを設定し、SELECTボタンで1と2を切り替えます。

④LOOP FXでエフェクターです。

⑤リズムトラックが内蔵されONにするとリズムトラックが再生されTYPEボタンでリズムパターンを選択できます。

⑥マイクのヴォリュームを設定します。

⑦WRITEボタンで当機材に保存します。

https://ameblo.jp/atomic-sound2014/entry-12601160360.html 引用)

BOSS Loop Station RC-30

価格:31,900円
(2021/6/15 09:06時点)
感想(0件)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ルーパー5選

BOSSのRC-30以外のルーパー5選参考にしてください!

BOSS RC-1 ルーパー エフェクター Loop Station 【ボス RC1】

価格:13,200円
(2021/6/15 09:08時点)
感想(2件)

【ご購入特典つき!】【在庫あり】BOSS / RC-5 Loop Station ボス【ギター/ベース用ルーパー】《/80-set12101》《特典つき!/ 2307117130001》 ボス ルーパー ループステーション RC5 【YRK】

価格:22,000円
(2021/6/15 09:08時点)
感想(1件)

BOSS RC-500 Loop Station 2トラックルーパー エフェクター

価格:38,500円
(2021/6/15 09:09時点)
感想(0件)

BOSS RC-10R Rhythm Loop Station ルーパー ギターエフェクター

価格:33,000円
(2021/6/15 09:09時点)
感想(1件)

MXR M303 Clone Looper ルーパーペダル

価格:16,788円
(2021/6/15 09:09時点)
感想(0件)

 

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です