ギター、ストラトキャスターはROCKに合わない?(結論:メチャメチャROCKです!)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日このようなツイートをしました。

ストラトキャスターはポップス、

レスポールはロック、

なぜこんなにカテゴリー化されるのか?

疑問に思う人もいるでしょう。

音楽のジャンルで特にメタル系はこんな風に細分化されます。

ヘビーメタルを中心とすると、スラッシュメタル、ジャーマンメタル、デスメタル、

北欧メタル、メロディックデスメタル、ネオクラシカルメタル、パワーメタルなどなど・・・

過去に何かの雑誌で日本人はカテゴリー分するのが好きだとのこと。

少々話が逸れましたが、

ストラトは世界でレスポールと同じくらい使用しているギター弾きも多いので、

ストラトキャスターがROCKに向くか否か、

この記事でお話ししていきます。

 

 

ギター、ストラトキャスターはROCKに合わない?(結論:メチャメチャROCKです!)

  • ストラトキャスターの特徴と使用者
  • アンプの設定
  • ピックアップで音が変わる
  • ストラトは全然ROCK向きです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ストラトキャスターの特徴と使用者

Fenderストラトキャスターを例にします。

 

ボディ

上の写真のようにボディ上部の両側が抉れているのが特徴で、

これをカッタウェイと呼び、

ストラトではダブルカッタウェイと言います。

このカッタウェイがハジポジションが弾きやすいというのも特徴です。

またこのボディの右腕に当たる部分が少々薄くなっていて、

これが右腕に当てた時にちょうど良い角度となっていて、

演奏が楽になります。

ボディの裏側の窪みも上手く身体の胸ないし腰にも良い感じに当たります。

結果的に身体に負担が少ない形状となってます。

 

 

サウンド

ピックアップでサウンドが決まると言っても過言ではないです。

Fenderストラトはシングルコイル3つ搭載が主流です。(中にはリアがハムバッカーのモデルがあります。)

 

これを踏まえて、

ストラトキャスターの音の特徴は、

高音域が艶があり、繊細さもあり、

尖った音が特徴です。

ROCK的なイメージをするなら例えるならソードが良いでしょう。

特にこの音の特徴はピックアップセレクターをリアに入れた時です。

 

ピックアップをハムバッカーにした場合は、

シングルコイル2基を直列にしているので、

よりパワフルで、

ノイズが少なくしっかり歪んで音も太くなります。

 

主な使用者

・イングヴェイ・マルムスティーン、

・クリス・インペリテリ

・リッチー・ブラックモア

・ジミ・ヘンドリックス

・エリック・ジョンソン

まだまだ他にも大勢Fenderストラト使用者多いけど、

メタル系のギタリストでも有名な人が名を連ねてます。

イングヴェイやインペリテリなどの名を見ただけで、

ストラトはROCKという印象は無いわけでは無いでしょう。

 

I’ll see the light, tonight イングウェイ・マルムスティーン

 

Venom インペリテリ

 

 

アンプの設定

Fenderストラトはアンプの設定次第で太くROCK的なサウンドを作ることができます。

 

方法としては、

まずはマスターヴォリュームをしっかりと上げることです。

確かに歪みを上げたいところでもありますが、

そうなるとノイズが乗るリスクが発生します。

 

そうは言っても歪みはROCKの命です。

 

その場合はイコライザーを上手く使いましょう。

 

特に中音域でMiddleがポイントで、

ギターは中音域に特徴があるので、

そこが如何に出てるかです。

 

確かにドンシャリにする方がROCK的でかつ歌ものでよりヴォーカルが通りやすいというメリットがあります。

そのドンシャリも極端にMiddleを下げてしまうと音がスカスカになるので、

ある程度Middleを上げることがポイントです。

 

よく太い音は低音域を上げるイメージがありますが、

それをやってもあまり効果的でなく、

音が篭りがちになります。

バンドだとベースの音域と喧嘩することにもなります。

 

まとめると、

アンプはしっかりマスターヴォリュームを上げることと、

Middleをある程度出すということです。 

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ピックアップで音が変わる

先ほど、

ギターの音はピックアップで決まると言っても過言ではないと言いました。

 

それであれば、

どうしてもレスポール的な音を出したい場合は、

シングルコイルサイズのハムバッカーに変えるのも一つの手です。

見た目はシングルコイルですが、

サウンドはハムバッカーです。

Seymour Duncan SHR-1b Hot Rails for Strat Bridge Black ギターピックアップ

価格:11,660円
(2021/9/8 05:06時点)
感想(1件)

Seymour Duncan ビリー Gibbons’ レッド Devil ブリッジ ブラック (海外取寄せ品)

価格:26,522円
(2021/9/8 05:07時点)
感想(0件)

 

 

ストラトは全然ROCK向きです。

使用するギターもジャンルへの影響もありますが、

アンプの設定次第でどうにかできるので、

そこがエレキギターの良いところです。

 

メタル系での使用者も数多くいて、

全然太いサウンドを醸し出しているし、

特徴的な甘いギターソロも奏でています。

メタル系のギタリストが使用していることで

全然ROCK向けのギターと言って良いでしょう。

 

ただストラトキャスターはピックアップのセレクターで、

どこにスイッチするかで音が変わったりするし、

それで与える印象も変わってきますので、

いくつもの顔をもつギターと言って良いです。

 

ストラトキャスターはオールラウンドに使えるギターです。

 

少々話は逸れましたが、

結論的にストラトキャスターはROCK向けのギターであることは間違いでは無いです。

 

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です