XJAPAN〜超メタルハイスピードナンバー5選(ほぼ初期) 

公開日 2021年2月25日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

今はどの世代でもファンがいるバンドって多いですよね!

バンドというと常に若者文化と言われてきましたが、

ここ10年はそうでもなく、若者という部分が薄れつつあります。

これまで日本にバンドブームが数回起こり、

その時の若者が時を重ねても、中にはずっとバンドを続けて今につながっているので、

老若男女の文化と言っても過言ではないです。

その象徴と言っても良いくらいのアーティストの5選で、

今日はXJAPANです!

デビュー前後はいろんなものの枠というか壁というか、

そういうものを全てぶち壊してきました。

それが今につながっているかもしれないし、バンド人口を確実に増やしてました。

今も大人気ですが、昔も変わらずというか根強すぎます。

1997年に一度解散してしまいますが、その10年後の2007年に復活して世界的なバンドとして君臨してます。

そんなXJAPANといえば速い曲も特徴の1つなので、

メタルナンバーを5曲厳選してみます!

 


 

XJAPAN〜超メタルハイスピードナンバー5選(ほぼ初期) 

  • Stab Me In The Back
  • Silent Jealousy
  • BLUE BLOOD
  • DAHLIA

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Stab Me In The Back 

 

Silent Jealousy

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

 

BLUE BLOOD

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

DAHLIA

 

 

日本のバンドはサウンド的にエレキギターのブームから始まり、グループサウンズの台頭は1960年代、

1970年代ではグループサウンズから脱却し、RCサクセクションやサザンオールスターズが登場してきて、

この時からコンテストからメジャーデビューしてヒットチャートにランクインしたり、ライブハウスの評判でメジャーデビューの切符を手にするという流れが確立しました。この流れを第一次バンドブームです。

1980年代は第二次バンドブームと言われ、第一次の流れを踏襲しつつも、

アマチュアがTVに出演する機会が多くなり、特にXJAPAN(当時X)が最もその象徴です。

このXJAPANの登場が型破りでこれまでのタブーを全てぶち壊し、またヴィジュアル系という一つのジャンルを形成したと言っても良いです。

1990年代になるとミリオンセラーを記録するバンドも登場し、

90年代前半にはWANDSやT-BOLAN、DEENなどビーイング系の台頭、90年代中盤ではMr.Children、シャ乱Q、スピッツがヒット曲を飛ばすようになり、

90年代後半はヴィジュアル系の完成期に入りGLAYやLUNA SEA、L’Arc〜en〜Cielが次々にヒットチャートを独占してきました。

2000年代に入るとCD売上が低迷するが、90年代にアメリカで流行った音楽を日本でも取り入れたバンドの台頭が目立ち、パンクロック、オルタナティブ、ミクスチャーロックなどのアーティストが目立ち始めました。

代表としてはHi-STANDARDやモンゴル800、BUMP OF CHICKEN、ロードオブメジャー、オレンジレンジ。

またこの頃からロックフェスがあらゆるところで始まり、一つの文化を形成しました。

2010年代に入ると、アニメ「けいおん」の影響あるいはチャットモンチーやSCANDALの影響で女性のバンドが数多く出てくるようになり、また巷ではギターケース背負っている女子高生を目にするようになりました。

このように日本にもこのようなバンドブームの流れがあり、各世代で若者が中心となり歴史を作ってきました。

歴史を重ねた分、そこにいた人たちも年齢を重ねるので「バンド≠若者」です。

2020年代はまだ先に行ってみないと言えないのですが、

その歴史の1ページに刻むのはあなたかもしれません。

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です