VOXギターアンプPathfinder10を使用した感想(ギター初心者に最適)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

よくギターアンプの自宅用として挙げられるモデルとして、

VOXのPathfinder10が定番的なところです。

また、どこの楽器店でも必ずと言って良いほとんど、

店頭に売られてます。

インターネット販売で売っている初心者セットにも、

さらにこのギターアンプがセット用内容に入っていることもあります。

ギターアンプの自宅用では超定番のアンプがどういうものか、

試奏動画も交えながらお話しします。

 

 

VOXギターアンプPathfinder10を使用した感想(ギター初心者に最適)

  • スペック
  • 特徴
  • ラインアウト
  • サウンドdemo
  • あらゆるジャンルに対応
  • 全体的な感想

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

スペック

出力 10W

自宅で音を鳴らすのに最適な出力とよく言われてますが、

歪ませるとかなりの爆音になります。

 

コントロール

GAIN、TREBLE、BASS、VOLUME、Clean Overdrive切り替えスイッチ

入出力

インプット、ヘッドフォン/ラインアウトを搭載していて、

ラインアウトについては下記にてお話しします。

 

スピーカー

VOX Bulldog 6.5″ x 1(8Ω)

 

サイズ

38W x 26H x 17D (cm)

電子レンジより少し小さいくらいのサイズです。

 

重量

約4.8kg

チワワ犬を2匹抱いたくらいの重さです。

 

 

特徴

その全てがトレード・マークと言えるVOXアンプのオリジナリティ溢れるルックスをパーフェクトに踏襲。“バスケット・ウィーブ・ビニール・レザー”や“VOXダイヤモンド・グリル・クロス”、“チキン・ヘッド・ノブ”等、従来のVOXアンプと同等のパーツを使用。“ゴールド・ビーディング”やネットの周りに施された“ホワイト・パイプ”など細かなディテールも忠実に再現しています。

https://voxamps.com/ja/product/pathfinder-10/ 引用)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ラインアウト

ヘッドフォン端子と共用となっていて、

オーディオインターフェースへ接続したレコーディングなど使用できます。

過去の他モデルのアンプでラインアウトに接続すると、

音が細くなったり、荒かったり、

もしくはどこか機械音的なニュアンスで、

とても使えるような音でない機種がほとんどでした。

こちらのVOXのPathfinder10のラインアウト端子に、

レコーディングに最適なフィルターを装備しているので、

オーディオインターフェースに接続して使用できます。

好みの問題もあるので、

これが良いという言い方はしません。

あくまでもオーディオインターフェースに接続して使用できるという言及に留めます。

 

 

サウンドdemo

実際にギターとアンプを繋いで演奏してみます。

使用ギターはフェンダージャパンのストラトキャスター(ピックアップはテキサススペシャル)

Cleanはフロント、Overdriveはリア

 

全てのツマミ12時方向(Clean)

 

TREBLEを3時方向にしてBASSを10時方向(Clean)

 

GAINを全開、TREBLEを3時方向、VOLUMEを8時方向(10あるうちの2くらい)Clean

GAINを上げていけば音が太くなります。

 

GAINを3時方向、VOLUMEを全開(Clean)

GAIN成分が少ない分繊細な印象がありますが、爽やかなサウンドです。

 

GAINをゼロ、VOLUMEは空間に合わせる

GAINゼロにすると適度なクランチサウンド

 

GAINを8時方向、VOLUMEは空間に合わせる

GAINを少し上げるだけでもかなり歪みが増します。

 

GAINをほぼ12時

ここまで歪むとROCKサウンドで、パンクロックもメタルもEQの設定次第で網羅できます。

 

GAINをほぼ全開

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

あらゆるジャンルに対応

クリーンも特段綺麗すぎず、

ダーティー過ぎず、

素朴なサウンドというところです。

またGAINのレンジも広く、

クランチサウンドからメタルにも対応できるまで歪むので、

これ1台あれば、自宅練習では不足はしません。

イコライザーの設定次第であらゆるジャンルに対応できます。

 

 

全体的な感想

シンプルイズベストを物語っているアンプです。

 

今の時代はデジタルアンプが数多く揃い、

VOXでも様々なアンプをモデリングした、

デジタルアンプもリリースしています。

 

しかし、

ギターアンプの本来の姿は、

まずはクリーンサウンドがあって、

トレブル、ベースがあって、

そしてチャンネルボタン1つでOverdriveサウンドに切り替え、

音を歪ませる。

これが現代のギターアンプの基礎でもあり、

この型が最もシンプルです。

 

なので、ギター始めた人は、

デジタルアンプで遊ぶよりも

このシンプルなアンプで、

エレキギターとは何か?

ギターアンプとは何か?

そしてどう使うかを

これ1台で学べるので、

最初に触れて欲しいギターアンプです。

 

ギターのレベルが上がったとしても、

やはりVOXのACシリーズ熱い血は受け継いでいるので、

もうギター弾きに最適なギターアンプというところです。

 

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です