Mac、Intel Macを購入するメリット(古いソフト使うなら良し)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

2年前のWWDCにてAppleはプロセッサをIntelから自社のシリコンに2022年までに移行することを発表し、

今年がまさにリミットの年です。

実際に今現行のIntel Macのモデルが既にMac ProとMac mini2018のみとなり、

Appleシリコンへの完全移行間近です。

ただ、まだIntel Macを必要としている人もいたり、

Macを安く購入するために中古店で型落ちのモデルを探している人もいます。

現時点でIntel Macを購入するメリットについてお話しします。

 

 

Mac、Intel Macを購入するメリット(古いソフト使うなら良し)

  • 古いソフトウェアを使用
  • Windowsとの併用
  • 現行のIntel Mac
  • 整備済製品

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

古いソフトウェアを使用

これはIntel Macに搭載されているmacOSのヴァージョンにもよりますが、

Appleシリコンへ移行した時のmacOS「Big Sur」から古いソフトウェアがインストールできないことが多々あります。

この点に関してはある程度解消できている面もありますが、

「Big Sur」以前の「Catalina」の時の32bitのアプリケーションが動作しなくなった時にも同様のことが起こってます。

 

例えば、音楽制作ソフトはmacOSがヴァージョンアップされる度に、対応するしないで話題が持ちきりになります。

過去から使い慣れているソフトウェアが多数あって、これでなければ作業ができないということになれば、Intel Macで古いmacOS搭載のものを選ぶしかないです。

他方で建築ソフトの「JW-CAD」はmacOS「Sierra」の対応で止まっています。(実際には次の「Mojave」もインストール可能とのこと。)

 

細かい部分を掻い摘んで話していますが、

まだまだ古いソフトウェアを使用している人も多く、Intel Macはまだまだ中古市場では需要があります。

 

 

Windowsとの併用

自宅でMac、勤務先でWindowsという使い方が多いと思いますが、

Intel Macでは MacにBoot Campという機能を使ってWindowsを Macにインストールすることができました。

これはM1チップ移行のMacでは不可能な点でIntel Macにまだまだ優位性が存在する点です。

ただ中古で購入する場合には、内蔵ストレージに注意する必要があり、

Boot CampでWindowsをインストールする際にWindowsのためにストレージを開けておかなくてはならず、

そのため512GB以上のストレージが一番望ましいです。

ただし、Boot CampでインストールできるWindowsのバージョンは「10」です。(「11」は不可との情報多い)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

現行のIntel Mac

新品で購入できるIntel Macが少なくなり、現行では以下のモデルのみとなります。

・Mac mini2018

・Mac Pro

このうち、Mac Proに関しては2022年3月のAppleイベントの最後で新しいモデルのリリースを匂わす話も少ししていたので、

おそらく今年中にはAppleシリコンのモデルがリリースされる可能性もあり、実現すればAppleシリコンへ完全移行ということになります。

ただ、一部では引き続きIntelチップを搭載するのではないかとの情報もあります。

Mac miniに関しては、すでにM1チップ搭載モデルが現行ラインナップとなっていて、

次の「M2チップ」へ移行するときの動向が気になるところです。

ただ、Mac ProよりもMac miniの方がコストパフォーマンスとして優れているので、

いずれにしてもIntel Macを新品で購入したいのであれば今しかないと思った方が良いです。

 

 

整備済製品

中古店で中古Macを探すのも良いですが、

希望のスペックにたどり着けるまでかなりの時間を要する場合もあります。

Appleでは整備済製品という店頭にディスプレイとして出ていたものを価格を下げて販売するサイトもあります。

https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/mac

2022年6月2日時点ではMac mini 2018が多数ありますが、

毎日チェックしているとごく稀に廃盤になったモデルが掲載されることもあります。

Intel Macを購入するときにはこの整備済製品も一緒に確認すると良いです。

 


以上、Mac、Intel Macを購入するメリットでした。

今後IntelMacを使用する人は古いソフトを使用する人で、

より専門性に長けた人が使うことでしょう。

 

一般の人がIntel Macを使うには少々勿体無いような気がします。

M1MacBook Airは2019年の16インチMacBook Proの吊るしモデルよりもスペックは遥かに上で、

しかも価格もM1MacBook Airの方が安いというコストパフォーマンスです。

中古でMacBook Airより安いモデルもありますが、

果たしてスペックどうなの?これで満足できるの?少々疑問が残るところです。

金銭的に中古でしか選択肢がないならIntel Macを選んでも良いが、同時に中古でM1MacBook Airもないか見た方が良いです。

もしかしたら古いすぎるMacよりもM1MacBook Airの方が安いことがあるかもしれません。

 

今後に向けて Macを使用したいのであれば極力新品を推奨します。

 

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。