Mac、今Intel Mac買うべし?(結論:買うなら中古も検討視野に入れよ!)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

昨年2020年の6月にAppleはIntelから自社のAppleシリコン移行を発表し、

その5ヶ月後の2020年11月にM1チップMacBook AirとMacBook Pro 13インチとMac miniをリリースしました。

今年には春先にM1チップのiMac24インチもリリースしました。

このM1チップへの切り替えは2022年までに行うとアップルは述べていて、

今年の秋にも新たなM1の進化したチップを搭載した Macのリリースが期待されてます。

ただ今まだ現行で残ってるIntel Macについて、

このタイミングで買うべきかどうかという悩みもあります。

例えばMac miniだったらM1よりもIntel版の方がポートが多いという優位性があります。

様々な視点に立てばIntel Macもまだ需要があるので、

今日はIntel Macの購入についてお話しします。

 

 

Mac、今Intel Mac買うべし?(結論:買うなら中古も検討視野に入れよ!)

  • Intel Mac現行モデル
  • 少々勿体無い
  • 購入なら中古も視野に入れる
  • 今後のM1チップへ変更動向

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Intel Mac現行モデル

2021年8月26日時点でのIntel Macのラインナップです。

  • MacBook Pro 13インチ(クアッドコアIntel Core i5プロセッサ)
  • MacBook Pro 16インチ(6コアIntel Core i7プロセッサ)
  • iMac 27インチ
  • Mac Pro
  • Mac mini2018

 

以上が現行のIntel Macのモデルです。

これらは2022年までにAppleシリコンに置き換わりますが、

今後の動向については最後の項目で触れるとして、

まだまだこれだけのモデルが今もあります。

 

 

少々勿体無い

今このタイミングでIntel Macを購入するのは、少々勿体無いです。

M1チップのMacBook AirとMacBook Pro13インチ(Thunderbolt端子2つ)とMac miniがリリースされた時に、

Intel Macとは比べ物にならないくらいの性能を誇り、

M1のMacBook AirでもMacBook Pro16インチの8コアCore i9に匹敵するくらいです。

それでいてM1MacBook Airの価格は115,280円です。(MacBook Pro 16インチは317680円〜)

なので、

コスパを考えるとM1 Mac一択と言いたいくらいです。

 

しかし、Macで何をやりたいかによっては、

Intel Macという選択肢もあります。

というのは2021年8月現在でもM1 Macに対応していないソフトウェアもまだまだあります。

例えば音楽制作では2021年2月と比べると、

対応ソフトウェアは増えましたが、

あともう少しかなという印象です。

 

また、他の分野でもJw CAD使いたい人はM1 Macではインストールさえできません。

Jw CADはIntel Macのみの使用となり、

それも現行モデルではCatalinaではインストールはできないので、

App StoreにてCatalinaの前のMojaveのOSをダウンロードして、

それをインストールしないと使用できません。

この場合はまだまだIntel Macを使う余地があります。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

購入なら中古も視野に入れる

上記のような使用するソフトウェアの関係や

MacBook Proで大きい画面をどうしても使いたい、

デスクトップ型で大きい方が良いというこだわりがあるなら、

中古という選択肢もあります。

新品ばかりではないのが Macの良いところです。

Windowsでは劣化したら動作がモサモサしたり不具合が多いですが、

Macは多少古いモデルでもサクサク動くという声も聞きます。

極端に古いモデルでなければ中古という選択肢も全然ありです。

取り敢えず中古でMac買っておいて、

使用しているソフトウェアがM1に対応したタイミングでM1Macを購入するという方法でも全然良いです!

 

ただ中古でMacを購入する場合は中古PC専門店が良いでしょう。

その場合価格については極度な期待を持たずして足を運びましょう。

価格に期待を抱くとガッカリします笑

  

 

Mac整備済製品

中古の他にAppleで提供している

Mac整備済製品というのも狙い目です。

https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/mac?afid=p238%7CskqGI4egM-dc_mtid_18707vxu38484_pcrid_314090276106_pgrid_13140809301_&cid=aos-jp-kwgo-mac–slid—product–

要はAppleの店舗にサンプルとして出ていたものを整備して販売しているものと考えて良いでしょう。

新品の価格よりも安く買えるので、

古いモデルなどのMacを購入するときはこちらもチェックした方が良いです。

 

 

今後のM1チップへ変更動向(2021年8月時点)

 

もう一度現行のIntel Macのラインナップを見てみましょう。

  • MacBook Pro 13インチ(クアッドコアIntel Core i5プロセッサ)
  • MacBook Pro 16インチ(6コアIntel Core i7プロセッサ)
  • iMac 27インチ
  • Mac Pro
  • Mac mini2018

 

 

今後の動向としては、

 

●MacBook Pro 13インチ(クアッドコアIntel Core i5プロセッサ)

2021年秋にM1XとM1の進化したチップで14インチにディスプレイサイズが大きくなると噂があります。

 

●MacBook Pro 16インチ(6コアIntel Core i7プロセッサ)

同様に2021年秋にM1XとM1の進化したチップを使用するとの噂があります。

 

●iMac 27インチ

おそらく来年になるであろう、

こちらもM1Xでかつディスプレイサイズが32インチになるとの噂です。

 

●Mac Pro

最近引き続きIntel製のプロセッサを使用するとの噂が多いです。

 

●Mac mini

2021年秋にM1からM1Xへ進化し、

さらにThunderbolt端子が2つから4つへ増えて、

形も少々変えてリリースするとの噂がここ数ヶ月で多いです。

もしこれが実現すれば現行の2018年モデルとのチェンジになります。

 

この動向はこれまでインターネットに出ているリーク情報を元にしていて、

Apple側での発表ではないので、

確証はないです。

あくまで噂レベルでの話なので、

リリースされた時と差異があると思いますので、

ご了承ください。

 


 

以上、今Intel Mac買うべし?でした。

結論を言うと、

使用目的に応じてIntel Macは選択肢としては全然ありです。

その場合は新品だけでなく中古やAppleが提供している整備済製品も視野に入れた方が良いです。

また、PCでやりたいことがM1Macで全てが可能なら、

迷わずM1シリーズの Macを購入しましょう。

 

 

以上、

今日もありがとうございました。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です