公開日 2022年6月16日 最終更新日 2022年7月1日

Last Updated on 2022年7月1日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日のAppleのWWDC2022の中で M2 MacBook Pro13インチの発表がありました。

いよいよ明日2022年6月17日21時予約開始となります。

これまで M2MacBook Airに関して注目されてましたが、

果たして M2 MacBook Proはどうなのか?

どんな人にオススメなのか?

今日は M2 MacBook Pro13にスポットを当てます。

 

 

  • 基本スペック
  • 特徴
  •  M2MacBook Airと異なる点
  • こんな人にオススメ

 

 

スポンサードサーチ

基本スペック

✔️チップ

M2チップ

8コアCPU(高性能コア4つと高効率コア4つ)

10コアGPU

16コアNeural Engine

※ 10コアGPUのみ選択可(8コアGPUなし)

 

✔️バッテリーと電源

最大20時間のApple TVアプリのムービー再生

最大17時間のワイヤレスインターネット

67W USB-C電源アダプタ(充電はThunderbolt端子)

 

✔️メモリ

8GB、16GB、24GB

 

✔️ストレージ

256GB、512GB、1TB、2TB

 

✔️拡張ポート

Thunderbolt4端子 2つ

ステレオ端子

※外部ディスプレイは1台まで接続可

 

✔️キーボード

バックライトMagic Keyboard

Touch ID

Touch Bar搭載

 

✔️カメラ

720p FaceTime HDカメラ搭載

 

✔️サイズと重量

高さ1.56cm 幅30.41cm 奥行き21.24cm 重量1.4kg

 

 

特徴

・新たに M2チップ搭載

・ M1チップ搭載との違いは M2チップ搭載とユニファイドメモリが24GBまで搭載可能

・バッテリー持続時間がMacラインナップではトップクラス

・良くも悪くもTouch Bar搭載継続

・ノッチがない

ほとんど M1 MacBook Proとの違いはなく、チップと最大メモリのみです。

2022 13インチMacBook Pro: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – スペースグレイ

新品価格
¥206,800から
(2022/7/1 12:34時点)

 

 

スポンサードサーチ

M2MacBook Airと異なる点

・充電がThunderbolt4端子

( M2MacBook AirはMagSafe充電でThunderbolt4は2つ使用できる)

・ノッチがない

( M2MacBook Airは13.6とサイズがアップしその分ベゼル幅が小さくなり、 M1Pro M1Max MacBook Proみたいなノッチがある)

・冷却ファンがある

( M2MacBook Airは M1と同様にファンレス仕様)

・Touch Bar搭載

( M1時も同じ異なる点だが M2も同様)

・最大バッテリー駆動時間は20時間

( M2MacBook Airは M1と同様の18時間)

ほぼ M1の時と異なる点は同じだが、充電方式やノッチの点も含まれます。

M2MacBook Airは M1からの進化版でもあるけど、 M1Proの MacBook ProのAir版という捉え方もあります。

 

 

こんな人にオススメ

・安定感 → 冷却ファンが搭載しているため配信など高負荷作業に向いている。(かと言ってファンレス仕様のMacBook Airでも配信や動画編集など高負荷作業も問題なし)

・メモリを強化したい → 最大24GBまで搭載可能

・バッテリー持続時間を重視 → 最大20時間

・Touch Barにこだわりたい

M2MacBook Airとの価格差が吊るしモデルで大差ないので、迷いどころです。

上の安定感、メモリ強化、バッテリー持続、Touch Barを求めるなら M2MacBook Proは買いです。

また今回MacBookシリーズの買い替え人も十分検討に入れて良いし、

Windowsからの乗り換えも最適なスペックです。

2022 13インチMacBook Pro: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – スペースグレイ

新品価格
¥206,800から
(2022/7/1 12:34時点)

 


以上、 M2 MacBook Pro予約前のスペック確認とどんな人に向くかについてでした。

M2MacBook Airが目まぐるしく進化して、 M1の進化でもあって M1Pro MacBook ProのAir版という感じがして、少しハイエンドの匂いも漂ってきます。

M2 MacBook Proは M1からそれほどの違いはなく、今回もエントリーモデルの MacBook Proであることは確かです。

ただ、冷却ファンが搭載しているので高負荷作業に関しては M2MacBook Airと悩むところです。

明日2022年6月17日21時より予約開始となるので、気になる方はAppleサイトをご覧ください。

https://www.apple.com/jp/macbook-pro-13/

 

今日もありがとうございました。