M1MacのMacBookはAirとProどっち?(結論:MacBook Airを選びべし!)

公開日 2021年2月24日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です!

音楽制作のPCといえば、イコールMacという構図が成り立っています。

その証拠に音楽雑誌でアーティストのプライベートスタジオにあるのはiMacとかMac ProとかMacBook Proとか

もうプロアマ問わずMac一択と言って良いほど音楽制作ではMacが使われてます。

このブログではMacの買い時と音楽制作でMacBook Airの使い方について触れてきました。

今日は今話題中のM1Macについて、

M1のMacBook AirとMacBook Proどっちを購入した方が良いかについて深掘りしていきます。

今回は音楽制作ではなく全般的に書きます。

 


 

M1MacのMacBookはAirとProどっち?(結論:MacBook Airを選びべし!)

  • AirとProの違い スペック 外観 
  • Touch Barってそんなに使わない
  • 持ち運びはAirが優れている
  • 結論:MacBook Airを選ぶべき!

※以下MacBook AirはAir、MacBook ProはProと表記します。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

AirとProの違い

●スペックはほぼ同じ

M1チップ搭載

8コアCPU、8コアGPU(Airで標準スペックでは7コア)

メモリ8GB〜16GB

ストレージ256GB〜2TB

16コアNeural Engine

Air=Pro

●バッテリー

Air  18時間

Pro 20時間

Air<pro バッテリー持ちはPro

●Touch Bar

Air なし

Pro あり

AirはTouch IDのみ、昔からPC使っている人はTouch Barはほぼ使わなく従来のファンクションキーの方が慣れている。)

Air>Pro 便利ではないのでTouch BarなしのAir

●重量

Air 1.29kg

Pro1.4kg

AirはPC先端が薄い

Air>Pro   軽い方が持ち運びに便利なのでAir

●オーディオ

Air ステレオスピーカー 指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ

Pro ハイダイナミックレンジステレオスピーカー 高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ

Air<Pro 

AirとProはスペックにほぼ差はなく、外見面での違いが多少あります。

バッテリーは2時間Proが長く、重量はAirが軽く持ち運びに最適で、スピーカーはProの方が高性能です。

 

 

Touch Barってそんなに使わない

これまでTouch Barは色々賛否両論がありました。

初めてみた時は、凄い、革新的など前向きな感想がありましたが、

いざ使用してみると、ほとんど使いません。

私TAKA∞はMacBook Pro 16インチ(Intel)を使ってますが、

Touch Barを使うときは、私TAKA∞個人的にはTouch Barがたまたま目に入って「タッチしてみよう」と思った時です💦

普段からPC使っている人はTouch Barは無意識で使うことは少ないので、便利な機能ということはなく、ファンクションキーの方が使いやすいと思います。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

持ち運びはAirが優れている

上記でも描いているように、重量はAirの1.29kgが軽く持ち運びには適しています。

Proの1.4kgも軽いですが、Airとの差は意外にも大きいです。

というのはこの差の110gは筆記用具が入ったペンケースくらいの差になります。

人によってペンケースは多い少ないあると思いますが、Airを選ぶことでPCを持ち運ぶ際に鞄の中ペンケース1個分減らせます。

また、重量の違いを知るために家電量販店に行って実際に持ってみると良いです。

 

 

結論:MacBook Airを選ぶべき!

全体の性能を見るとProの方がスピーカーもAirより高性能でバッテリー持ちも良くTouch Barもついている点でProチョイスする流れの結論になります。

が、しかし、

下記の点でAirを選ぶべきだと思います。

●Touch Barはそこまで便利ではない

おそらく使う機会は少ないと思いますし、

これまでファンクションキーのPCに慣れている人にはTouch Barは不便を感じます。

この点はファンクションキーのAirに軍配です。

●軽い方が持ち運びに便利

AirとProとの違いは筆記用具の入ったペンケース1個分の違いなので、Airの方が持ち運びに最適です。

処理スペックが同じなら軽い方を選ぶ方がいろんなシチュエーションに対応できます。

●バッテリーはProだが・・・

20時間もバッテリーだけで作業することってありますか?

おそらく電源アダプタを忘れたときくらいだと思います。

流石にその時は長くて便利と感じますが、

それでも20時間外出先で作業することはないでしょう!

なので、AirとProのバッテリー持ちの2時間は大した差ではないので、

数値上ではProだが、Airで充分です。

●スピーカー

確かにProの方がAirと比べると高性能ですが、

ノートPCにスピーカーの良し悪しを求めますか?

結構おまけ的なと言ったらかなり失礼ですが、かなりの高性能なスピーカーは求めていないと思います。

逆に音質を求める人は高性能ヘッドフォンを使ったりオーディオインターフェースに繋いで外部スピーカーから出力する手法を取ると思います。

ここは価値観もありますので、少しでもPCのスピーカーが良い人はProで、

音質はそこまで求めてない人はAirを選ぶべきです。

 


 

AirとProは処理スペックはほとんど同じです。

Airの標準スペックのGPUのコア数が7で、ここだけが違うのですが、

YouTuberのレビューであまり差はないという意見がほとんどです。

これが処理能力がProが大幅に上回るのであればProを選びたいですが、

処理能力がほぼProと同じで、かつ持ち運びに適して、バッテリー性能の差もほとんどなく、従来慣れているファンクションキーで、

最後にコストが少しでも安くなるならMacBook Airを選ぶべきだと思います。

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です