メタリカ(METALLICA)〜ハイスピードナンバー5選〜

公開日 2021年2月20日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

このワードプレスでブログを始めてから、ずっとギター初心者の方に向けた内容やMacのネタで偏った印象があると思います。

今はそれらを中心に描いていて、

もし、ギター初心者の方がこのブログのメインページでスクロールして、いきなり「フェイズ」だの「ディレイ」という突っ込んだ内容が続いたりすると混乱をきたすこともあると思います。

いずれこのブログで記事も溜まったら、ページ上部に「ギター初心者」というカテゴリーを作ってリンクできるようにしますので、

当面はメインはギター初心者の方に向けた内容を中心にたまにMacや音楽紹介や音響機器、音楽に関連した機器のレビューを描いていきます。

早速今日は、音楽紹介ネタでいきます。

これから私自身のプロフィールページも追加していきますが、私TAKA∞の好きなアーティストでメタリカというモンスターバンドがいます。

今日はそのアーティストのハイスピードな楽曲を5曲厳選紹介します。

メタリカをご存知ない方は下記のウィキペディアのリンクもご覧ください。

メタリカhttps://ja.wikipedia.org/wiki/メタリカ

 


 

メタリカ(METALLICA)〜ハイスピードナンバー5選〜

  • Damage, Inc.
  • Battery
  • Fight Fire with Fire 
  • Hit the Lights
  • Whiplash

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Damage, Inc.

 

 

Battery

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Fight Fire with Fire 

 

 

Hit the Lights

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Whiplash

 

 


今回はメタリカの初期のアルバム「Kill ‘Em All」「Ride the Lightning」「Master of Puppets」に偏りました。

がしかし、メタリカの初期はメチャクチャ速い曲が多かったのです。

これらのアルバムは時代を象徴します。

このメタリカの初期のアルバムは1983年から1986年にリリースされた作品で、まさにヘビーメタル全盛期の時代でした。

1970年代にヘヴィメタルやハードロックが全盛期を迎え成熟度が増して、その後にセックスピストルズなどパンクバンドの台頭し、さらにパンクロックからロックンロール要素は排除してより激しく表現するハードコアへ進化しました。

そこからヘヴィメタルとハードコアの要素を合わせたスラッシュメタルのバンドが80年代に登場しました。

その1つにメタリカです。

その他にもメガデス、アンスラックス、スレイヤーなどモンスター級のバンドが名を連ねます。

メタリカの今回の5選について、激しい楽曲が好きな人には気に入るナンバーだし、何よりもギター弾いている人はこれらリフを1曲通して弾くようなイメージで聴いていただきたいです。

また、今のアイドルの楽曲ではルックスとは裏腹にバックの音楽がハードロック・ヘヴィメタル調なもの多く、かつてはEDM系でキラキラしているものが大半を占めているものがほとんどでした。

演者がキラキラしているから、オケもキラキラする必要はない!そしたらオケはガツガツゴリゴリいこうか!というのは私TAKA∞の勝手な思い込みですが・・・

ただこの今のアイドルの楽曲のヘヴィメタル調のオケのルーツにメタリカも通ってると思って良いでしょう。

良い音楽はどんな時代でも光り輝きます!

今日もありがとうございました😃

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

1件のコメント

  1. […] 前回、http://taka-music.com/メタリカ~ハイスピードナンバー5選~/ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です