メガデス〜最初に聴く曲5選〜

公開日 2021年3月27日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞です👍

日本ではすっかり定着した感じがあるのですが、

名ギタリスト”マーティーフリードマン氏”ご存知ですか?

テレビをつけたらギター弾いていたロン毛のギタリスト・・・あるいは、

日本語ペラペラなアメリカンギタリストで、

2004年から日本に移住してあらゆる歌手やアイドルなどジャンル問わずライブでギタリストを務めたりしてます。

もうみんな知っていると思うけど、かつてマーティーはあのスラッシュメタルのビッグバンド「メガデス」のギタリストの時もありました。

おそらくみんなの中でも「マーティー=メガデス」という構図ではないかと思うくらい、

その時代のメガデスは世界的にも凄かったです。

今日は、マーティーがいた時のメガデスの曲で入り口的な曲を5つ紹介します。

 


 

メガデス〜最初に聴く曲5選〜

  • Skin O’ My Teeth
  • Hangar 18
  • A Tout Le Monde
  • Symphony Of Destruction
  • Holy Wars…The Punishment Due

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Skin O’ My Teeth

アルバム「Countdown to Extinctio」(日本語タイトル「破壊へのカウントダウン」の1曲目です。

メガデスでも代表的な曲だし、イントロのリフが耳に残るしメタルをこれから聴きたいという人は押さえておきたい曲ですね。

ギターソロはマーティーのテクとエモさを兼ね備えた音を聴くことができます。

 

 

Hangar 18

アルバム「ラストインピース」の2曲目です。

かなり癖のある曲というか構成が独特です。

前半はパンクみたいなノリで時折ギターソロでメタルさを展開してますが、

後半から雰囲気がガラッと変わり、民族音楽みたいなニュアンスになります。

後半は歌がないので、聴き終わったらインストを聴いたような感じです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

A Tout Le Monde

アルバム「ユースアネイジア」の4曲目でメガデスでは珍しいバラードです。

切ないアルペジオから始まるが、やはりメタルのバンドなので力強いリフで展開されます。

途中からアルペジオが再び盛り込まれエモさ伝わってきます。

 

 

Symphony Of Destruction

これぞメガデスと思う人は多いはずです。

アルバム「破壊へのカウントダウン」の2曲目です。

最初のリフが何と言って良いのか、とにかくこのグルーブで攻められたら聴くしか選択肢がなくなるような、

同アルバムの1曲目とは雰囲気も違って別な楽しみ方ができるので、本当にメガデスの凄さを感じます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

Holy Wars…The Punishment Due

アルバム「ラストインピース」の1曲目ですが、

おそらくメガデスで最初に入るのが、アルバム視点で見ると「ラストインピース」か「破壊へのカウントダウン」ではないでしょうか?

ここがメガデスの黄金期と言われるので、やはり最初にこのあたりを聴くのが必然となってきます。

この曲でメガデスを初めて聴いたという人も多いでしょう。

スラッシュメタルなリフから展開していき、後半で切ないアルペジオが鳴り、

ねっちょりしたリフを聴かせたデイブのエモい歌を聴かせ、

マーティーのソロから、

またスラッシュメタル的なノリに戻り、

今度はデイブのソロと、

メガデスがこの曲に凝縮されています。

 

 


以上がメガデスの入り口的な曲でした。

私TAKA∞が初めてメガデスを聴いたのが2000年くらいで、ちょうどマーティーが脱退した翌年でした。

当時そんなことも知らずにメタリカの関連で聴いていて、またインターネットも普及してなくそんな情報も知りませんでした。

ある時2000年の3月にテレビでBSでバンド「KISS」の特集が放送されていて、その時にゲストでマーティーが出演してました。

テレビで出てきた時は「おっメガデスじゃん!」ってテレビの前で1人盛り上がってました。

マーティーが話し始めると・・・「あれ、日本語!?」

こんばバリバリのメガデスのギタリストが日本語喋るの?

かなり衝撃的したが、話す雰囲気が落ち着いてるし、言葉遣いも丁寧だったのでテレビの前ながら親近感が沸きました。

KISSの特集なのでたくさんKISSのことも話していました。

番組の中盤くらいでメガデスを脱退したことを話されていて、その時に初めてそのことを知りました。

今だったらビッグバンドのメンバーが脱退したら即Yahooニュースに出るのにね・・・

私TAKA∞の勝手なメガデスのエピソードを話しました。

最後までデイブムステインの名前が出ることがなかったのですが、またデイブの話は次回ということで、

今日はこの辺で失礼します。

ありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です