テレワークに最適なMacは?+テレワーク周辺機器紹介!(MacBook Air一択!)

公開日 2021年5月5日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞です(@atomicsound_hys)です👍

この記事を執筆している5月5日は、GW最終日で明日からお仕事という人が多いと思います。

このコロナの状況はどうですか?

大都市を中心にコロナ感染拡大してます。

地域によってですが、

会社関連のクラスターも発生して、テレワーク導入企業もさらに増えることでしょう。

テレワークもまずはパソコンが必要ですし、

リモート会議ということになればスペックの低いパソコンを使うと、

途中で途切れたりするとそれだけ時間がロスするので、

パソコンはしっかりしたものを選びたいですね。

そこで今日はテレワークに最適なMacについてお話しします。

 

 

テレワークに最適なMacは?+テレワーク周辺機器紹介!(MacBook Air一択!)

  • これから購入するならM1Mac一択
  • 中でもMacBook Airを推奨 
  • 外部ディスプレイでデスクトップ使いも
  • テレワークに必要な周辺機器
  • Intel Macであれば中古が狙い目

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

これから購入するならM1Mac一択

今回テレワークのためにパソコンを新調する方で、

初めてパソコンを購入する方、

あるいはWindowsから乗り換え購入する方は

M1Mac一択です。

理由としては、

M1MacはIntel Macに比べてコストパフォーマンスが高く、

性能も具体的に言うと、

2019年のMacBook Pro16インチの8コアCore i9の300,000円以上のスペックよりも

現行のM1 Macの方が性能が高いです。

例えば標準構成でMacBook Airで約115,280円、Mac mini79,800円です。

またAppleも2022年までに現行 Macを全てM1チップの移行するので、

今購入するのであればM1 Macを購入することをおすすめします。

Windowsを入れてMacと併用したい方でIntel Macを希望する方は下記の

「Intel Macであれば中古が狙い目」を参照してください。

 

 

中でもMacBook Airを推奨

先の記事でM1MacのMacBook AirとMacBook ProとMac miniを性能面、コストパフォーマンス、持ち運び度で比較してます。

http://taka-music.com/初めてのmacの買い時はいつ?おすすめは?(結論/

今回、iMac24インチもM1 Macなのでもう一度こちらで比較してみましょう。

なお左から高順位で1位5pt 2位3pt 3位1pt 4位0ptとします。

●性能面

Mac mini=MacBook Air=MacBook Pro=iMac24インチ

性能はM1チップ 8コアCPU7あるいは8コアGPU ユニファイドメモリ8GBあるいは16GBなのでどのモデルも同じです。

●コストパフォーマンス

Mac mini>MacBook Air>MacBook Pro>iMac24インチ

やはりMac miniかMacBook Airというところですが、

Mac miniは本体飲みですが、ディスプレイ12,000円くらいでApple純正のキーボード10,800円とマウス8,800円を購入しても

合計114,000円なので、まだMac miniの方がコストパフォーマンスが良いです。

●持ち運び度

MacBook Air>MacBook Pro>Mac mini>iMac24インチ

これは重量1.29kgでMacBook Airが一番軽いです。

Mac miniの重量は1.2kgですが、あくまで本体のみなので、持ち運ぶという点でディスプレイやキーボードやマウスも必要なので、

ある程度条件が必要です。

なので、持ち運び度はMacBook Airが圧倒的勝利です。

ポイントを整理すると

MacBook Air 11pt    Mac mini 11pt  MacBook Pro 9pt iMac24インチ 5pt

MacBook AirとMac miniは同じポイントですが、

テレワークとなると、

自宅や会社でも同じように使う方が効率も良く、

そのために手軽に持ち運べた方が良く、

MacBook Proでも良いですが、

外部スピーカーやバッテリー持続度もAirと大差はないので、

MacBook Airを選ぶ方がコスト的にも持ち運びにも便利です。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

外部ディスプレイでデスクトップ使いも

MacBook AirでもThunderboltからディスプレイにも接続でき、

さらにキーボードやマウスもBluetoothで接続すれば、

デスクトップのように使えます。

下記の写真のような感じで、

MacBook Airの画面をそのまま外部ディスプレイに映し出して、

かつMacBook Airを閉じてもスリープにならずそのまま使えます。

 

 

テレワークに必要な周辺機器

ヘッドセット

基本的にマイクとヘッドフォンを分ける必要はなく、

一体型の方が良いです。

【GWプレゼントキャンペーン開催中】ヘッドセット USB接続 ヘッドセット マイク付き usb ヘッドセット ヘッドセット 両耳 3.5mm接続 ノイズキャンセリング ヘッドフォン WEB会議 テレワーク リモートワーク ゲーム ビジネス ボイスチャット

価格:2,680円
(2021/5/5 10:44時点)
感想(10件)

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

USBハブ

拡張ポートがThunderbolt端子が2つしかないので、

外付けSSDを繋げる、

外部ディスプレイを接続する、

その他に接続するとなると足りないので、

多いことに越したことはないので、

USB Type-CやType-A、HDMI端子やSDスロットがあるUSBハブ1つ持っておくと便利です。

USB Type-C ハブ 7in1 HDMI 4K USB3.0 PD対応 SDカードリーダー microSD 最大100W 変換 アダプタ タイプC ノートパソコン ノートPC MacBook surface PC iPad Air4 Pro2018/2020 Android Mac USB-C モニター ディスプレイ

価格:3,680円
(2021/5/5 10:45時点)
感想(491件)

Intel Macであれば中古が狙い目

もしMacとWindowsを併用したいということであれば、

Intel Macを使用することをおすすめします。

というのはIntel MacにはBoot Campという機能でMacにWindowsをインストールできます。

これはまだ一般的にM1Macではできません。

MacにWindowsをインストールするためにIntel Macを購入するにはいくつかポイントがあります。

●中古で買う

今M1チップへの移行途中の中で価格の高いIntel Macの新品を買うのは正直勿体無いです。

なので、極力中古 Macを狙いましょう。

中古でのスペックは極力クアッドコアCore i5以上で、メモリ8GB以上が推奨です。

●ストレージは1TB以上

MacにWindowsをインストールするにはWindows用の容量を確保しないといけません。

そのため購入時のストレージは1TBある方が余裕を持てます。

512GBでも良いですが、動画編集などする場合は容量は足りません。

中古Macはインターネットでも購入できますが、

まずは最寄りの中古パソコン専門店(できればMac専門店)に行って実際に見て情報を集めましょう!

 


Macはこれからまだまだ新しい製品が立て続けにリリースされることでしょう。

M1チップへの移行中なので、

いつMacを買うかで悩みますよね。

ここで悩みすぎると、

なかなかMacは買えません。

というか悩むだけで、

その人は一生買わないでしょう。

悩むよりも欲しいと思ったら、

気に入ったMacを買いましょう!

行動あるのみですよ。

頭で考えても実際に使わないと、一歩進まないので、

今買えるMacを購入すべし!

Macの買い時は今です!

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です