ギター初心者、力を抜いて弾く方法(リラックスして弾いてみよう!)

公開日 2021年6月9日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日このようなツイートをしました。

よく私TAKA∞の周囲でギターに関してこんな質問を聞きます。

「力を抜いて弾くにはどうしたら良いか?」

簡単なようで難しい質問です。

ギター初心者にも多いですが、

ギターを3年、5年、いやもっと・・・

誰でも抱えてる課題だと思うし、

ギター弾きの永遠のテーマかもしれません。

これに関してはおそらく限界はなく、

どこまでも力を抜ける、

いや力の抜き方が何通りもあるので、

その方法を無意識に探っているのかもしれません。

確かにギター始めて1年未満の人はピッキングは強すぎる人が多いと思います。

今日はギター初心者の方が力を抜いて弾く方法についてお話ししていきます。

 

 

ギター初心者、力を抜いて弾く方法(リラックスして弾いてみよう!)

  • 硬いピックを使ってみる
  • ピックの形を変えてみる
  • テレビやYouTubeを見ながら何気なく弾いてみる
  • 「力を入れない」ということだけに集中する

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

硬いピックを使ってみる

柔らかいピック(THIN)を使っていると、

おそらく一生懸命弾こうという傾向があると思います。

またピックをしっかりがっちり握って持ってしまい、

それでもTHINくらい柔いピックだと、

ある程度力入れても柔らかいサウンドになってしまいます。

だけどそのサウンドはどこか”ぎこちなさ”があるでしょう。

そこで、

あえて硬いピックを使ってみます。

厚さでいうと、

1.00㎜以上が望ましいでしょう。

【ポイント2倍】【メール便・送料無料・代引不可】【10枚セット】MASTER8 JAPAN D-801 ポリアセタール 三角 1.0mm HARD GRIP 滑り止め加工 ギターピック [D801S-TR100]【smtb-TK】

価格:1,100円
(2021/6/9 04:47時点)
感想(0件)

それだと、

少ないパワーでもしっかり音が出るので、

力が入っていることが自身でもわかるかもしれません。

第一段階として、

まずは硬いピックを使ってみることです。

 

 

ピックの形を変えてみる

できればで良いのですが、

一度ピックをトライアングル(おにぎり)型を試してみましょう。

トライアングル(おにぎり)型はピックの面積がティアドロップに比べると

ほんのちょっとだけ先端の面積が広く、

そのことで弦にヒットしやすく、

結果的に気持ちに余裕が生まれ、

力も抜けてきます。

ただ、トライアングル(おにぎり)型でも小さいサイズを選んでしまっては、

意味がないので、しっかり正規のサイズを選ぶことです。

【ポイント2倍】【メール便・送料無料・代引不可】【10枚セット】MASTER8 JAPAN D-801 ポリアセタール 三角 1.0mm HARD GRIP 滑り止め加工 ギターピック [D801S-TR100]【smtb-TK】

価格:1,100円
(2021/6/9 04:47時点)
感想(0件)

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

テレビやYouTubeを見ながら何気なく弾いてみる

これは過去に雑誌に書いてあったのですが、

Q&Aのページで、

この記事のように「力を抜くにはどうしたら良いですか?」

という読者からの質問がありました。

その回答で

「テレビを見ながら弾いてみましょう」

とのことでした。

テレビを見ながらだと、

意識の対象は必然的にテレビに向けられるので、

その分ギターを弾く手はリラックス状態になり、

力が抜けます。

その感覚が力が抜けている状態です。

この手法をやるなら、

ギターはアンプに繋いで、

クリーンで映像見ても聴こえるくらいの音量にして、

しっかり映像に意識の対象を向けて、

ギターを何気なく弾く感じで良いです。

 

 

「力を入れない」ということだけに集中する

でも最終的には、

自らの意識で「力を入れない」ということを

自由にコントロールできるかです。

なので、テレビなど映像を見なくとも、

「力を入れない」ということだけに集中した練習も大切です。

力の入れたり抜いたりを自在にコントロールできれば、

演奏レベルの向上の鍵になります。

やっぱり上手い人の演奏を聴いていると、

凄くリラックスして、

力が抜けてますよね。

音からも余裕が感じられ、

聴きやすいです。

ただ、音楽なので、

表現というものがあるので、

時には力を入れます。

これはキンキンに歪ませていたら、わかりにくいですが、

以前のこちらの記事にも描いたように(http://taka-music.com/ギター、bossブルースドライバー(bd-2)レビュー!〜/

クランチくらいの歪みで力を抜くと、

クリーンになり、

力を入れると

ドライブサウンドになり、

ピッキングの力で多彩な表現を生み出せます。

音楽は表現が命なので、

力を抜くことも大事だし、

力を入れることも大事です。

ただ常に力が入りがちな人は、

力を抜いてリラックスした状態で、

ギターを弾けるように意識してみましょう。

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です