ギター初心者、マルチエフェクターはオールインワン機材+マルチエフェクターおすすめ5選

公開日 2021年5月13日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

ギター始めて半年も経つと、

エフェクターの購入について考える頃と思います。

その際にコンパクトにするのか、

マルチにするのか、

いや、これは別にギター初心者だけじゃなくて、

ギターを長年弾いていても、

永遠のテーマかもしれません。

今日はマルチエフェクターの購入を考えている人へ、

特徴やどんな機能があるか、

弊害や特化してできることについてお話しします。

 

 

ギター初心者、マルチエフェクターはオールインワン機材と考えよう

  • マルチエフェクターの特徴
  • 各エフェクト
  • マルチエフェクターの弊害
  • マルチエフェクターだからこそ◯◯できる
  • マルチエフェクターおすすめ5選

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

マルチエフェクターの特徴

一言で言うと、

「1個で複数の機能を持つ」

つまり、複数のエフェクターが凝縮されてます。

また、他には音色を保存できて、

ライブ時には楽曲ごとに音色を保存し、

瞬時に音色を変えることができます。

1個で複数の機能を備えたオールインワン機材と考えましょう!

 

 

各エフェクト

マルチエフェクターは複数のエフェクターが凝縮されていますので、

どんなエフェクターが入っているか、みていきましょう。

 

<歪みエフェクター>

歪みなので、

オーバードライブ、ディストーション、ファズの機能です。

メーカー独自の音色やコンパクト機種のモデリングした音色など様々です。

基本的な設定はGAIN、LEVEL、TONEとなります。

この辺は大半のコンパクトエフェクターと同じです。

メーカーによっては歪みが2種類同時に使える機種もあります。

例えばBOSSのMS-3であれば、

OD-1とMT-2の音色を同時に並べて一緒に使えます。

<アンプシミュレーター>

これは機種によってあるかないか分かれる所です。

どういうものかというと、

既製品のアンプをマイキングで通した音をシミュレーションした音です。

そのアンプの動作を忠実に再現した音になります。

具体的に言うと、

マーシャルのJCM800のシミュレーション、メサブギーのレクチファイヤーのシミュレーション、

などの音をスピーカをマイクで通した音を再現しています。

ただし、ダイレクトにそれらをシミュレーションしたとは取説には書いていないが、

それらしいことを匂わせたり、

それに似たネーミングで表記しているものもあります。

基本的な設定は、実際のアンプと同様に、

GAIN、MASTER、TREBLE、MIDDLE、BASSです。

イメージとしては複数のアンプを所有している感覚です。

 

<空間系エフェクター>

音をやまびこのように遅らせるディレイや、

残響音を作るリバーブやエコーのことです。

最近のマルチエフェクターもディレイに関しては、

デジタルとアナログ両方網羅しているものがほとんどです。

ただしリバーブに関しては種類がいくつかあって、

ツマミ1個のものがほとんどです。

ディレイの基本設定はLEVEL、FEEDBACK、TIMEです。

こちらもコンパクトと同じです。 

 

<モジュレーション系エフェクター>

コーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロの機能です。

どのマルチエフェクターでもこの4つは必ず入っています。

入っていないものは簡素なマルチエフェクターと言え、

あまりオススメしかねるモデルになります。

 

<フィルター系エフェクター>

イコライザーやワウ、オートワウです。

イコライザーは本体のデジタル画面でグラフィックイコライザーが表示され、

細かく音を作ることができます。

マルチエフェクターにヴォリュームペダルがついていれば、

それでワウを操作できます。

<ルーパー>

最近のマルチエフェクターにはほとんどこの機能が入っています。

ディレイの技術の応用で、

その場で演奏してその場で録音して、

その場で再生するエフェクターです。

もう今じゃ常識的に入っているかもしれません。

 

<接続パターン>

コンパクトエフェクターにはつなぎ方によって、

音のエフェクトのかかり具合やニュアンスが変わってきます。

それをマルチエフェクターも同じように接続順番によって、

影響があり、

マルチエフェクター内で各エフェクターの順番を変えれるものもあります。

またマルチエフェクターのアウトプットを何に繋ぐのか、

コンボアンプ、あるいはスタッグアンプ、それともミキサーでラインに接続するか、

選択ができます。

メーカーによってはハッキリクッキリしているのもがあって、

ミキサーのラインに繋いだのに、

マルチエフェクターの設定がコンボアンプになったら、

音が篭ったりすることもあります。

ここをしっかり接続することで、

音の良し悪しが分かれることがメーカーによってあります。

 

また、どのマルチエフェクターに必ずチューナーは絶対と行って良いほど、

付いてますし、クロマチックチューナーです。

また、USB TYPE -Bの端子がついて、

マルチエフェクター自体オーディオインターフェースの役割をするものもあれば、

音作りをパソコンのソフトウェアと連動して設定できたりするものもあります。

また最近LINE6のモデルなんかでは、

Bluetooth接続でタブレットと連動して音作りもできたりするものもあります。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

マルチエフェクターの弊害

これだけたくさんのエフェクターを網羅して、

これ1台あれば他は何もいらないくらいです。

しかし、機種によってデジタル表示画面でツマミの少ない機種だったら、

音の設定のたびに、複数のボタンを押して、

何度もその操作を行うため、

その辺が煩雑になります。

アナログ感覚で各系統でツマミが分かれている場合はそんなには気になりません。

またこう言う場合も少々不便を感じますが、

例えば音色をディレイとオーバードライブをプリセットした場合に、

曲のあるところでディレイだけ外したいとなった場合は、

そのディレイだけを瞬時にオフにはできず、

ディレイを外してプリセットを別途保存するしかありません。

この辺りはマルチエフェクターでプリセットを使った時に機動力に欠けるところです。

 

 

マルチエフェクターだからこそ◯◯できる

・楽曲ごとに細かく音を作れて、保存できて瞬時に読み出せる

・他のエフェクターを組み合わせて、シンセサイザーみたいな音を作れる

・アンプシミュレータの好きなタイプと好きな歪みエフェクターをチョイスできる

・シミュレーションしている歪みエフェクターが複数あれば、普段できない組み合わせを作れる。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

マルチエフェクターおすすめ5選

VOX STOMPLAB IIG SL2G ペダル付きマルチエフェクター

価格:6,650円
(2021/5/13 05:16時点)
感想(3件)

BOSS GT-1 エレキギター用 マルチエフェクター 【ボス GT1】

価格:20,350円
(2021/5/13 05:16時点)
感想(3件)

ZOOM G3n マルチエフェクター

価格:13,748円
(2021/5/13 05:17時点)
感想(0件)

Mooer GE200 マルチエフェクター

価格:38,280円
(2021/5/13 05:17時点)
感想(1件)

LINE6 HX Stomp マルチエフェクター

価格:69,800円
(2021/5/13 05:19時点)
感想(0件)

以上、マルチエフェクターの機能などについてでした。

マルチエフェクターは複数のエフェクターが凝縮されたオールインワン機材を考えた方が良いです。

初心者の人でエフェクターには興味あるけど、方向性が定まっていない

という感じであれば、

一旦、それ程高くはないマルチエフェクターを1台購入して、

勉強のために色々操作してみるのも良いです。

そこからあの曲ではこういうエフェクターが必要、

歪みはこの感じの好きだから、

コンパクトエフェクターでこういうものが欲しい

となってからコンパクトに移行しても良いでしょう。

物事考え方なので、人それぞれ違います。

人がマルチはダメと言おうが、

自分はマルチが良いのであれば、

まずはそこに突っ走ってみることです。

人に言われてすぐ考えを変えるよりも

自分で一回試してみて、

自分の判断で決めましょう!

みなさんの自信応援してます。

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です