ギター、短い時間でやること〜5分でも良いから毎日弾こう!(初心者の方も)

公開日 2021年2月19日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です!

学校やお仕事など、日々忙しいとギター弾く時間ってなかなか取れないですよね?

特に社会人は夜遅くまで仕事していたら、ギターに触れるどころか目に入らない日もありますよね?

ただ、ギターを弾かない日が続くと何も変わらないしマジで感覚は鈍ります。

毎日の練習は短い時間でも良いからとにかく弾くことです。

今日は短い時間でやることについて深掘りしていきます。

キーワードは、ギター、練習時間、隙間時間、短い時間、基礎練習、ウォーミングアップ

 


 

ギター、短い時間でやること〜5分でも良いから毎日弾こう!(初心者の方も)

  • ウォーミングアップを兼ねた基礎練習は必須
  • 何か1つに集中してやり込む
  • 練習スタイルは変えない
  • 5分でも良いから毎日続ける

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ウォーミングアップを兼ねた基礎練習は必須

時間がないのであれば、これだけで終わっても良いです。

要はストレッチやクロマチックスケールなどですが、これらは基礎練習にあたります。

下記の書籍でプロギタリストの方が基礎練習の重要性について書かれてます。

 

ギター講師だから知っているギターがうまくなる人の練習法(ギター・マガジン)

価格:2,090円
(2021/2/18 05:14時点)
感想(0件)

書籍のLesson1-4の「短い時間でもできる基礎練習を習慣化させることが大切」の項目で基礎練習ウォーミングアップの大切さをご自身の体験から書かれてます。

プロギタリストとはいえ、ギターを弾くこと以外にも多忙なことが多々あります。

そうなってくるとギターを弾かない日も続きます。

そのような状態でいざレコーディングでギターを弾くと、プロとはいえいつもの感覚とは違い、リズムに合わせる精度にも違和感があったとのことです。

それは、基礎練習不足で特にクリックなどリズムに合わせる鍛錬を怠っていたことが原因だったのです。

筆者の方はそこから毎日隙間時間に基礎練習をするようにして、その際には必ずメトロノームのクリックを使用しています。

その基礎練習内容は、クロマチック、カッティング、アルペジオ、スケールと本当に基礎的な内容です。

基礎練習はプロもアマも同じです。

その後のレコーディングにおいて一発録りの状況でもバッチリ録れて、それは日々の基礎練習の成果です。

その項目の最後に、どんなに忙しくてもウォーミングアップを兼ねた基礎練習は毎日行い、

やり方としてはゆっくり遅いテンポで弾くとのことです。

その練習は基礎力アップさせたり、キープするためです。

如何に毎日の基礎練習は大切かです。

短い時間で本当に5~15分でも良いから毎日弾くことです!

 

 

何か1つに集中してやり込む

もし、平日で1時間くらいギターの練習に時間を取れるなら、

何か一つにスポットを当ててそれを徹底的にやるのが理想です。

例えば1時間のうち、10分をウォーミングアップに充てて、残りの50分で何かを覚えたり精度を上げるための時間に充てます。

5フレーズ耳コピしたり、難しいカッティングフレーズに挑戦したり、

できるフレーズでもっと精度を上げたい時は、録音して分析しながら弾くとか、

基礎練習以外では、何かを覚えたり精度を上げたりの練習がメインとなります。

ただ、メインの練習をやる時はあれもこれも詰め込まず、カッティングを覚えるならそれに集中した方が確実に習得できます。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

練習スタイルは変えない

1日短い時間しかなくても普段の練習スタイルを変えてはダメですよ。

10分練習しようと決めて、メトロノームもなしに練習するなら何も意味ないです。

それならやらないほうがマシです!

上にも書いたように、メトロノームのクリックに合わせて弾くことで、基礎力のキープだったり向上があります。

なので、メトロノームを使って練習するというスタイルか変えてはいけません。

また、10分だけならウォーミングアップの基礎トレだけで良いですが、

自分の流れも変えない方が効率が良いです。

例えば最初に指ストレッチをやって、その後に各指の組み合わせでトリルをして、リズムの裏打ち、クロマチック、スケール練習という流れ・・・

自らの流れをシステム化することで、次何やるか明確になるのでスムーズにウォーミングアップできます。

短い時間の練習では、メトロノームのクリックを必ず使うことと、自分なりの練習メニューを決めておくことが大切です。

 

 

5分でも良いから毎日続ける

上にも書いたようにウォーミングアップが如何に大切かはわかりました。

1日5分でも良いから毎日クリックに合わせて弾くことです。

本当に忙しい人は、どのタイミングで5分時間を取るか考えるとこですよね。

一手に隙間時間とはいえ、それが難しい。

私TAKA∞の提案ですが、朝いつもより10分は早く起きて朝食や着替え、女性なら化粧とかを済ませて、

学校や仕事に行く前の短い時間でギターを弾く。

自宅に帰り夕飯を済ませ、ダラダラYouTubeを見るのを減らして、その短い時間をギターの練習に充てる。

また寝る前の10分でギターを弾く。

なかなか疲れると短い練習でも遠くなってしまいがちですが、

ギターを弾きたい、上手くなりたいと思うならなんとか、自分に「ギター上手くなるんだ」と言い聞かせて短い時間でもやりましょう。

今日もありがとうございました😃

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です