ギター、ピックアップはシングルコイルとハムバッカーはどう違う?(出したい音で決めよう)

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

ギターを1年以上弾いていると、音作りに興味が湧いてきます。

アンプだったりエフェクターだったり、

ギター本体やピックアップとあらゆる要素で音が変わってきます。

特にピックアップであれば搭載する種類によっては、

音が太くなったり、

シャリシャリした音になったり、

尖った音になったり、

アンプやエフェクター以上に影響してきます。

ピックアップは主にシングルコイルかハムバッカーのどちらかで音が大幅に変わるので、

今日はその両者どう違うかについてお話しします。

 

 

ギター、ピックアップはシングルコイルとハムバッカーはどう違う?(出したい音で決めよう)

  • ピックアップとは

  • シングルコイル

  • ハムバッカー

  • P-90

  • フィルタートロンとフィデリトロン

  • 問題は出したい音のイメージ

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ピックアップとは

エレキギターのボディの中心部に搭載されている弦の音を拾うマイクです。

ギター弾いている人はわかっていると思いますが、

下の写真の赤い部分です。

メカニズムとしては、ギターをピッキングした時の弦の振動を拾って、

それを電気信号に変換してアウトプットジャックからシールド(ゲーブル)を介してギターアンプに送り、

スピーカーから音を出します。

ヴォーカルの人の歌声をマイクで拾うのと同じように、

ギターもピックアップがマイク的な役割を担います。

このピックアップが音作りの土台と言っても過言ではなく、

形状、種類によって音が変わってきます。

 

 

シングルコイル

下の写真のように細長い楕円の形状のものが多いです。

主にストラトキャスターやテレキャスター、ジャガーなどフェンダータイプのギターに搭載されているピックアップです。

フロント、センター、リアの計3つ付いてます。

サウンドの特徴は、中音域から高音域にかけて最も伸び歯切れが良く、輪郭がハッキリと粒立ちが良いです。

ピッキングした時のアタックがハッキリしているので、強弱を伝えやすく、

表現がモロに表れます。

ただ、比較的にパワーは少なく、ノイズに弱いところがあります。(メーカーによってはそれらデメリットを解消したものがあります。

フロントでは甘く、リアは固め、センターは前2者の中間です。

ジャンル的にJ-Popのイメージが強いですが、イングヴェイ・マルムスティーン、クリス・インペリテリなどメタル系ギタリストにも重宝されています。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ハムバッカー

下の写真のように先ほどのシングルコイルが2つ並んで1つになってます。

主にレスポールやフライングV、エクスプローラーなどギブソンタイプに搭載されています。

サウンドとしてフロントとリアにそれぞれシングルコイルが2つ搭載されているので、

ハイパワーで低域と中音域が伸び、シングルコイルよりも丸みがあり甘い音が特徴です。

歪みやすく低ノイズでメタルやハードロックのギタリストに重宝されます。

 

 

P-90

シングルコイルとハムバッカーの中間のピックアップ、

いやその両者でもないピックアップです。

ギブソンレスポールやエピフォンのカジノで搭載されています。

サウンドの特徴は、シングルコイルの歯切れが良く、輪郭がハッキリと粒立ちが良く、丸くて太い、

シングルコイルとハムバッカーの良いとこ取りをしたピックアップです。

フェンダーのジャズマスターにも似たようなピックアップが搭載されていますが、

それはP-90ではなくフェンダーのラージサイズのシングルコイルです。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

フィルタートロンとフィデリトロン

写真はフェンダーコロナドの復刻版に搭載されているピックアップ「フィデリトロン」です。

パッと見「フィルタートロン」に見えますね。

こちらはハムバッカーになりますが、

通常のハムバッカーはシングルコイルを直列接続ですが、

このフィルタートロンとフィデリトロンは並列接続になります。

サウンド的にはシングルコイルの歯切れの良さとハムバッカーのような低域がしっかりした、

シングルコイルとハムバッカーの中間的な位置付けです。

ハムバッカーなので出力は高いです。

 

 

問題は出したい音のイメージ

各ピックアップでどんなジャンルに向くかを考えると思いますが、

ジャンルでピックアップを選ぶ必要はないです。

先ほどの申したように、

シングルコイルでイングヴェイやインペリテリなどメタルギタリストも使用しているし、

ハムバッカーに関してもジャズ系ギタリストも使っていたり、

かつてはジミ・ヘンドリックスも使用していたりと、

ピックアップでジャンルは決まることはないです。

要はどんな音を出したいかが問題です。

メタルをやるにもずっしりと低域や中音域を効かせたフリを弾きたいならハムバッカーだし、

高音域を前に出したギターソロを弾きたいならシングルコイル、

ジャンルで決めるのではなく、

そのジャンルでどんな音を出したいかイメージを持つことです。

以上、

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です