ギター、エフェクター初心者はコンパクトあるいはマルチどちらを?(結論、どちらでも可)

公開日 2021年4月15日 最終更新日 2021年6月15日

Last Updated on 2021年6月15日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞です(@atomicsound_hys)です👍

先日こういった内容のツイートをしました。

ギターを始めると、本体やアンプ以外にも機材の関心が向くと思います。

ギターの教則本などにも出てますが、エフェクターです。

オーバードライブやらディレイやらたくさんあらゆる種類があるし、最初に何を買って良いのか迷いますね?

鉄板としては歪みのエフェクターからという意見が大半ですが、

別にアンプの歪みで良いという人は、それで良く、

またあの楽曲のコピーではディレイがないとできないという人は最初にディレイ買って良いと思う。

最初はとにかくわからないからマルチエフェクターという選択肢もあります。

人それぞれであるけど、

今日は初めてのエフェクターでコンパクトかマルチかで悩む人に向けて、

エフェクターについてお話ししていきます。

 

 

ギター、エフェクター初心者はコンパクトあるいはマルチどちらを?(結論、どちらでも可)

  • エフェクターとは
  • コンパクトエフェクター
  • マルチエフェクター
  • 注意点
  • 選ぶの方向

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

エフェクターとは

ギターとアンプの間に接続する機器のことで、ギターの音に何らかの効果を与える働きをします。

音を歪ませたり、遅らせたり、揺らせたり、周波数を意図的に変えたり、

ギター弾きにとっては表現の過程で必要となったりします。

エフェクターは主に2つタイプがあります。

コンパクト・・・1個で1つの機能を持つ。

マルチ・・・1個で複数の機能が凝縮されている。

各々特徴があったり、メリットデメリットがあったり、

各自の音楽性によって選び方も異なるので、

それぞれ特徴についてお話します。

 

 

コンパクトエフェクター

上記の通り、1個で1つの機能を持つエフェクターです。

例えば歪ませるのであればオーバードライブだとかディストーションだとか、

音にやまびこ効果を与えるならディレイとか、

音をウネらすならコーラスなどなど・・・

●メリット

・1つの機能なので「これだ」という拘りを持ってチョイスできる。

・細かい設定ができる。(マルチだと大まかなものになるものが大半)

・必要なエフェクターだけ買えば良く少なければ足元もスッキリ!

●デメリット

・1つの機能で1個なので様々なエフェクトを望むだけコストが増える

・エフェクトが多数であればあるほど必然的に多くなるので持ち運びに苦労

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

マルチエフェクター

1個で複数の効果が凝縮されます。

デジタル化されているので、ないものはないという感じです。

●メリット

・全てのエフェクトが凝縮されてるので色々試せる

・持ち運びが楽

・音色を保存できて、よく使う音を保存したり、ライブで楽曲毎に保存することも可能

・初心者でエフェクターがどういうのもか勉強するのにも最適

・価格がコンパクトエフェクター2個分くらいで買えちゃう

●デメリット

・ツマミが限定されているので各エフェクトの設定が大まか

・コンパクトと比べると各エフェクトのクオリティーが低い

・デフォルトであらかじめ音色がプリセットされているので思考停止になってしまう

 

 

注意点

●コンパクト

色々な効果を求めるとエフェクターの数が増えるので、

エフェクター同士の繋ぎ方が最重要だったり知識が必要です。(ググれば問題解決できます!)

またエフェクター同士を繋ぐとパッチケーブルというものが必要なので、

エフェクター2台目からは1個買うときにパッチケーブルも必ず1個買うと思って良いでしょう。

結果的にコストはかかりますが、音で個性を追求するのであれば妥協すべきではないです。

またエフェクター1個につき電源アダプターが必要です。(複数に電源を供給するもの機器もあります。)

●マルチ

上記のように音があらかじめプリセットされているので、そのままそれを使ってしまえば思考停止になり音の追求をしなくなります。

このプリセットは参考程度と思って良いです。

また複数のエフェクトが凝縮されているので、「エフェクターでどうにかなる」と機材任せになることもあります。

 

 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

選ぶ方向

コンパクトとマルチどういう人向きかについて、

●コンパクト

・各エフェクトについて細かく設定したい

・個性を追求したい方

●マルチ

・エフェクターがどういうものか知りたい

・導入コストを抑えたい(もちろんコンパクトも併用可)

 


 

以上、エフェクターの概要的なお話しでした。

結論を言うとエフェクターで最初に選ぶのは、

コンパクトでもマルチでもどっちを選んでも良いです。

世間的にはコンパクトで必ず歪みからという意見が大半ですが、

別にマルチでも必ず歪みは入っているので、

それを色々試せば良いし、

別に特段決まりがあるわけではないです。

ただどっちを選んだにしても、

エフェクターで何をしたいか、音にどんな効果を与えたいか、

しっかり追求していくことが大切です。

そのために今現状何が必要か考え、

機械的な歪みが欲しいければファズを考えたりすれば良いし、

バンドでやる楽曲で複数の効果が必要であればマルチエフェクターで良いでしょう。

何度も言いますが、

これと言った決まりはないので、たくさん考え試していきましょう。

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です