こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

7月に入り、いよいよ本格的な夏です。

暑い夏を好きな音楽で切り抜けれれば苦労はないですが、

逆に乗り越えるというよりも楽しむ感じが良いかと思います。

以前にこちらでMr.Children(以下ミスチル)で夏の曲を集めた記事を書きました。

http://taka-music.com/mr-children(ミスチル)、夏の歌を聴いてみよう!(わり/

今日は”真夏”を楽しむ曲にスポットを当てていきます。

 

 

  • 君がいた夏
  • HANABI
  • 花言葉
  • こんな風にひどく蒸し暑い日
  • Replay
  • 夏が終わる〜夏の日のオマージュ〜
  • 1999年、夏、沖縄

 

 

スポンサードサーチ

君がいた夏

ミスチルの1992年リリースの1stシングルです。

イントロのボトルネック奏法が最高潮に暑い夏のビーチを感じますね。

でも、どこか哀愁を感じ季節が次のステージに向かうような、

サビがその答えを歌ってます。

夢と現実の違い、時間は進んでしまってます。

今聴いてもイントロからの流れが神としか言いようがないです。

 

 

HANABI

あの名作ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の主題歌です。

この曲構成がすごいというか、1番AメロからBメロと思いきやAメロからサビ・・・

という予想外な流れ、

2番はAメロからBメロ→サビ

この1番目の捻りというのか、

楽曲の雰囲気がAメロで作ってしっかりサビまで一貫性を貫いているような気がします。

 

 

スポンサードサーチ

花言葉

ミスチルと言えば「花」という言葉が付くタイトルの曲が一つのポイント的な要素ですね。

「コスモスの花言葉〜」と聞くと、秋を思わせますが、

まさに夏から秋の季節の移り変わりの時のような雰囲気です。

 

 

こんな風にひどく蒸し暑い日

ファンク調のサウンドが余計蒸し暑い夏を感じさせます。

蒸し暑い日に何を思い出しますか?

1年の中で蒸し暑い日というのはせいぜい2ヶ月あるかないか、

その中でも最高潮に蒸し暑い日にやったことは覚えていたら、

今何を思うのか、

という感じでこの曲聴いてみるのも良いかも!?

 

 

スポンサードサーチ

Replay

ミスチルの3rdシングル曲です。

真夏となると、楽しい夏が過ぎ去るのが寂しく感じます。

必死で自分の中でReplayしちゃいます。

良い思い出をたくさん作りたい・・・

ちょっと曲の歌詞とはズレましたが・・・汗

 

 

夏が終わる〜夏の日のオマージュ〜

サビの歌詞が共感できるというか、

夏って特別な季節のような感じなんだなと、

夏が終われば「普通の日々に戻される〜」と歌詞が余計にそう思わせます。

でもただ夏が終わるだけなんだよな・・・

そう思う人は夏が好きな人かも!!

 

 

スポンサードサーチ

1999年、夏、沖縄

歌詞にもあるように1994年に沖縄に訪れた時のことを描いてます。

吉田拓郎のような雰囲気を意識した曲調に仕上げたとのことです。

この曲好きというミスチルファンが多いので、是非上のYouTube聴いてみてください!

 

 

以上、今日もありがとうございました。