こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

新年あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します。

2022年一発目のネタは、

Appleネタでスタートします。

昨年はM1チップ搭載のiPad ProやiPhone13シリーズ、

iPad miniとiPadのアップデート、

MacはM1チップを搭載したiMac 24インチの登場、

そしてMacBook Pro14/16インチはM1ProとM1Maxへと進化。

AirPods2やAir tagなど

たくさんの新製品が発表されましたが、

2022年も目が離せません。

すでに予想リークが出回ってますので、

このブログにてまとめていきます。

 

 

2022年のApple製品を予想(新製品ラッシュの年になるかも!?)

  • iPhone
  • iPad
  • Mac

 

 

スポンサードサーチ

iPhone

iPhone SE

確か現行モデルが発売されてから今年で2年経ちます。

第1世代から第2世代は4年くらい間があったと思いますが・・・

注目すべき点としては、

5Gに対応するモデルになるとのことです。

これは時代の流れというか、

SEも対応すべきでしょう。

 

またデザインがどういうふうになるか、

おそらく現行の第2世代を踏襲するようなリーク情報が出ていて、

ホームボタンは継続のようです。

チップは5G対応となるとiPhone13シリーズと同じA15になると予想されてます。

参考URLhttps://japanese.engadget.com/new-iphonese-release-2022early-055022502.html

 

iPhone14シリーズ

これは例年通りでは秋くらいのリリースになるはずです。

デザインは無印とProとPro Maxは継続の見通しが強く、

miniが廃止になるのではないかとの見方があります。

ゲームや動画視聴の用途が多く、

またバッテリーの持ちが短いことから廃止になるのではないかとのことです。

もしかしたら無印のMaxが新たに投入される可能性もあります。

 

ただ今年のiPhoneに期待したいところは、

指紋認証ではないでしょうか。

まだまだコロナ禍の世界は続くので、

外出先でマスクしていたら顔認証よりも指紋認証もできたら尚のこと便利です。

画面上での指紋認証なのか、

あるいはiPad miniでもあるような電源ボタンに指紋認証を搭載するのか、

それはまだまだ定かではないですが、

一番新型iPhoneに期待したいところです。

参考URLhttps://mobilelaby.com/blog-entry-iphone-14-uwasa.html

 

 

iPad

iPad Pro

ここ数年は毎年のように刷新されてますが、

今年もあり得そうです。

アップデートされるとしたら、

ワイヤレス充電が可能になることです。

昨年の6月の情報で、

iPhone12のようにMagSafeでの充電をテストしているとの情報があります。

 

あと、チップがどうなるか疑問です。

M1チップを継続するのか、

もしかしたらM1Proを搭載するのか、

おそらく前者が有力かと思いますが、

もしM1Pro搭載なら本当に正真正銘のプロ向けのiPad Proになります。

参考URLhttps://ascii.jp/elem/000/004/059/4059869/

 

iPad Air、iPad

iPad Airは有機ELディスプレイ搭載、2レンズカメラ搭載と5G搭載がポイントになります。

チップは秋に発売が予想されるiPhone14と同じものが使われるでしょう。

参考URLhttps://crusie-n-more.com/ipad-air5-matome/

 

iPadは毎年刷新されてきてるので、

おそらく流れ的にそうなると予想しますが、

リーズナブルのiPadであることは変わらないので、

2年前のチップを搭載して、

劇的な進化はないと思います。

 

 

スポンサードサーチ

Mac

iMac(ハイエンド)

現行のiMac27インチのアップデートの予想です。

ハイエンドモデルとなるなら、

チップもM1ProあるいはM1Maxの搭載してくることでしょう。

ディスプレイは32インチへサイズアップの予想が大きいです。

その他にはFace IDが搭載が期待されています。

参考URLhttps://motifyublog.com/imac-highend/#i

 

MacBook Air

大幅に変わるとの見方で、

チップがM1からM2へ進化し、性能向上率が10〜20%との予想です。

デザインが大幅に変わり、iMac 24インチみたいにカラーヴァリエーションがいくつかあるとのことです。

充電方式もMagSafeに変更するようです。

参考URLhttps://iphone-mania.jp/news-425956/

 

Mac Pro

ここがAppleシリコン移行の最終地点になるかもです。

しかし、Appleシリコンのモデルとインテルチップのモデルの2本立て」

との予想があります。

Appleシリコン搭載では現行モデルより小さいサイズになる見通しで、

もしかしたらこれがMac miniではないかとも思います。

一番の最強スペックになってくるのがインテルベースのモデルになるとのことです。

実を言うと、

M1Maxではまだまだプロフェッショナルのクリエイターからは足りないとの声が多いです。

そのインテルベースのMac Proで使われるチップは、インテルが「高度なパフォーマンス、セキュリティ、効率性、そしてIoTワークロードやより強力なAIを処理するための内蔵AIアクセラレーション」を備えていると謳うXeon Scalableプロセッサが予想されています。Appleシリコン上でもRosetta 2により、既存のインテルMac向けアプリはほぼ完全に動いています。とはいえ、それは一般ユーザーレベルのことで、要求の厳しいプロフェッショナルの顧客を満足させるためには、まだ完成度が足りないのかもしれません。MacRumorsは、アップルがインテルベースMac Proを提供し続けることで、自社製チップへの移行が完了するまでの時間を稼ぐことができると推測しています。

https://japanese.engadget.com/intel-based-new-macpro-xeon-scalable-103028085.html

まだ先なので、どうなるかわかりませんが、

注目ですね。

 

今年のMacの動向にも目が離せません。

 

以上、

今年も良いとしになりますように!

ありがとうございます!