マイクスタンドの必要性〜ギター弾きなら1本は持っておこう!

公開日 2021年6月6日 最終更新日 2022年7月14日

Last Updated on 2022年7月14日 by TAKA∞

こんばんは、TAKA∞(@atomicsound_hys)です👍

先日こういうツイートをしました。

私事のツイートで大変恐縮ですが、

マイクスタンド合計5本も所有してます。

最初にマイクスタンドを購入したきっかけが、

宅録をやりたくて、

アコギやヴォーカルを録るためでした。

その後マイクスタンドのクオリティを上げるために他のものを購入して現在に至ります。

私TAKA∞の周りのギター弾きでも

「マイクスタンドを購入した方が良いのか?」

と悩む人もいます。

今は低価格のマイクスタンドはあるけど、必要なのか否かという問題もあるので、

今日はマイクスタンドの必要性についてお話しします。

 

 

  • マイクスタンドの種類
  • ギター弾きはブーム式の使用頻度高い
  • マイク録り
  • 自宅での簡易リハ
  • マイクスタンド1本はブーム式を所有しておいた方が便利

 

 

マイクスタンドの種類

主に2種類あって、

ブーム式とストレート式があります。

 

ブーム式

よくライブでギターやベースを弾く人の前に置いているマイクスタンドです。

ホルダーをつけるアームの長さや角度を変えることによって、

楽器を弾きながらでも邪魔にならないように設定できます。

ただ、このブーム部分を下の写真のように取り外すことができます。

取り外すとストレート式になります。

KC ブームマイクスタンド ストレートタイプ兼用 MBCS-02/BK ブラック (ソフトケース、クリップ型マイクホルダー付)

新品価格
¥3,082から
(2022/7/14 05:49時点)

 

ストレート式

よくヴォーカルがステージ上でハイアクションするために使ったり、

ダンスを交えた歌のために使ったりします。

ヴォーカルオンリーの人はこのマイクで良いでしょう。

楽器を多少弾けるという人は、先程の話したように

ブーム式のブームをとるとストレートになるのであまりお勧めしないです。

DEARING マイクスタンド 【ブーム/ストレート】 三脚 折り畳み 持ち運びバッグ&マイクホルダー2種類付き 軽量 伸縮アーム 【安定性+・質+】 360度&高さ調節可能 スピーチ/放送/レコーディングに適用

新品価格
¥2,880から
(2022/7/14 05:52時点)

 

 

ギター弾きはブーム式の使用頻度高い

使用状況を挙げると以下の通りです。

・ギター弾きながらヴォーカルやコーラスをやる時

・ピックホルダーの設置

・アコースティックギターのマイキング

・エレキギターアンプのマイキング

特にヴォーカルを兼務するギター弾きは常にブーム式のマイクを使いますよね。

ライブなどでコーラスなくともマイクスタンドを置いておくだけでも、

そこにピックホルダーを設置できるので、

ライブ中にピックを落としても心配ないです。

 

 

マイク録り

●アコースティックギター

また、アコースティックギターをレコーディングで録音するときは、

ピックアップ付けていればライン録りも可能ですが、

やはりアコギの持つ独特の空気感を出すにはマイキングした方が良いので、

ブーム式は必要です。

 

●エレキギター

エレキギターのマイキングも同様です。

最近ではアンプシミュレーターという便利な機材があるので、

わざわざ大きいアンプで録音する機会が少ないです。

また大きいヘッドアンプにもDI OUTという端子があり、

キャノンケーブルでミキサーに直接接続できるので、

ギターアンプのマイク録りの機会は昔よりは減っています。

しかし、プロの間ではアンプシミュレーターでは個性が発揮されないという人もいて、

そういう人は現在もギターアンプをマイク録りしてます。

やはり、エレキギターはギターアンプと組み合わせて初めて成立する楽器なので、

ギターアンプのスピーカーから出力される音が本来の音です。

そのマイキングする意味も、

エレキギターの音をアンプの至近距離で聴いた音を伝えるためでもあり、

マイクを当てる位置によっても音の印象が変わったり、

自宅用の小さいアンプでも箱の中に入れて、そこからマイキングすることによって、

スタジオで大音量で鳴らすようなフィードバック効果が得られたりしますので、

音の追求の幅が広がります。

 

 

自宅での簡易リハ

特にヴォーカルギターの人はブーム式はあったほうが良いです。

別にマイクを繋がなくても良いし、

むしろマイク自体なくても良いです。

 

要は普段自宅で自分のバンドの曲を練習する時とかでも、

マイクスタンドの位置を決めておけば、

スタジオ入ったときにもスムーズにセッティングできるので、

無駄に1本ブーム式低価格のもの1本持っておきたいところですね。

DEARING マイクスタンド 【ブーム/ストレート】 三脚 折り畳み 持ち運びバッグ&マイクホルダー2種類付き 軽量 伸縮アーム 【安定性+・質+】 360度&高さ調節可能 スピーチ/放送/レコーディングに適用

新品価格
¥2,880から
(2022/7/14 05:52時点)

オーディオインターフェースとマイクを持っているなら、

マイクスタンドもあった方が便利です。

 

 

マイクスタンド1本はブーム式を所有しておいた方が便利

ギター弾きの視点でマイクスタンドの必要性についてお話ししましたが、

正直あってもなくてもどっちでも良い議論です。

 

なくても別にギターさえ弾ければ良いわけで、

マイクスタンド必要ならスタジオに行けば事が足ります。

ただ、そのためにわざわざスタジオに行くのも移動する時間もかかれば、

そこまでの交通機関のお金やスタジオ料金も発生します。

例えば1ヶ月で週1回2時間で700円のスタジオに入ったりすると、

月に2,800円かかります。

そこに交通費を入れると4,000円近くなりますよね。

 

それなら安いマイクスタンドを購入して、

極力自宅でできることは自宅で済ませた方が良いです。

DEARING マイクスタンド 【ブーム/ストレート】 三脚 折り畳み 持ち運びバッグ&マイクホルダー2種類付き 軽量 伸縮アーム 【安定性+・質+】 360度&高さ調節可能 スピーチ/放送/レコーディングに適用

新品価格
¥2,880から
(2022/7/14 05:52時点)

その浮いたお金を貯めて新しいエフェクターを購入したり、

今後の活動資金のために貯金しておきましょう。

 

かなり話は逸れてしまいましたが、

ギター弾きにとっては、

マイクスタンドは歌うため、マイク録りするために必要で、

1本持っておけば、急に必要になったときにもすぐに対応でき、

またそれが周りとのライバルに差が生まれることもあります。

 

なので、マイクスタンドはブーム式低価格で良いでの1本持っておきましょう。

今日もありがとうございました!

TAKA∞

北海道札幌市出身。

ギタリスト、ブロガーとして活動中。
ギター歴22年。バンド歴18年。
大手配信サービスより楽曲配信中
東京ビックサイトで開催された「デザインフェスタVol .48」に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。